タグ:裁判

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 河津落とし(神奈川県) 2013/10/27(日) 11:45:52.08 ID:hdREmfup0 BE:730490562-PLT(12119) ポイント特典
    黒人女性上司に‘ニガー’(nigga)という呼称を使ったため、会社を解雇された30代韓人女性が
    逆に自分が逆差別を受けたとし、会社を相手に訴訟を提起して結果が注目される。

    ニューヨーク南部連邦裁判所に今月10日、提起された訴状によればクィーンズに居住する韓人キム某(36・女)さんは
    昨年1月、自身が務めていたニューヨーク、マンハッタンの「ポール・スミス」衣類売り場で黒人女性上司に親しみを示すため「ニガー」という言葉使った。

    「ニガー」は通常、黒人を無視する表現で、通常は黒人以外の人種にはダブー視される言葉だが、
    当時、キムさんは仕事が終わらない状況で帰ろうとしていると誤解を受けた状況であり、
    ぎこちない雰囲気を冗談で紛らわすために「ニガー」という言葉を使ったと訴状で主張した。

    しかし、キムさんの黒人上司は「ニガーは黒人だけが使用できる言葉」として逆に彼女の釈明を叱り、
    その後キムさんは本社が開いた二回の公聴会を経て「人種差別」を理由に最終解雇されたという。

    これに対してキムさんは訴状でこのような理由で解雇されたのもくやしいが、
    ‘ニガー’という言葉を黒人だけが使えると上司が言った部分はかえって‘逆人種差別’に該当すると主張した。
    自身を除く黒人とヒスパニック職員が使用できる単語を会社側が使わせないこと自体が‘差別’というものだ。

    キムさんは訴訟を通じて「ポール・スミス」社の人種差別疑惑を告発し、
    会社側が精神的苦痛にともなう被害補償金50万ドルとこれまで滞っている賃金を補償し、解雇を取り消すよう求めた。
    http://ny.koreatimes.com/article/820552 

    no title

    【米国で韓国人が黒人上司を‘ニガー’と呼んだ為、解雇。 しかし差別されたとして会社を訴訟。 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: そーきそばΦ ★ 2013/10/22(火) 22:16:41.30 ID:???0
    戦時中、旧日本軍の軍人・軍属として動員されて戦死し、戦後、靖国神社に合祀(ごうし)された韓国人の遺族27人が22日、
    靖国神社と国を相手に、合祀の取り消しや損害賠償などを求める訴訟を東京地裁に起こした。

     訴状で原告側は「無断で合祀され、遺族が故人を慰霊・追悼する権利を侵害された」と主張している。

     原告の1人で、兄が合祀された南英珠(ナムヨンジュ)さん(74)は提訴後に東京都内で記者会見し、
    「兄は日本人でもないのに強制的に徴用され、犠牲になった。合祀対象者から外して欲しい」と話した。
    同様の訴訟は別の遺族も起こし、2011年7月に一審・東京地裁で敗訴。23日に東京高裁で控訴審判決が言い渡される。

    ソース 朝日新聞
    http://www.asahi.com/articles/TKY201310220201.html

    no title

    【靖国神社の韓国人合祀、取り消し求め提訴 新たに27人-東京地裁】の続きを読む

    このページのトップヘ