タグ:菅義偉

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/11/17(日) 00:09:46.09 ID:???0
    ★NHK改革断行は首相の「悲願」 公共放送としてのあり方疑問視
    2013.11.16 23:49

    安倍晋三首相はNHKの公共放送としてのあり方に不信感を持ち、NHK改革にこだわっている。
    第1次政権下でもNHKを所管する総務相だった菅義偉官房長官と改革に着手した。
    しかし退陣で道半ばに終わっており、改革断行は「悲願」といえそうだ。

    首相は月刊誌「WiLL」の平成21年8月号に寄稿し、NHK批判をこう展開したことがあった。

    「NHK職員は公共放送の責任をよく自覚する必要がある。自分の主義や主張、
    イズムを放送を使って拡大させようとするのは間違っている」

    放送法に基づき政治的に公正で、事実を曲げない報道を行い、意見が対立する問題は多角的に
    報じるよう強く求める内容だった。

    首相は、NHKから放送法に反するような「偏向番組」がなかなかなくならないとみているのだ。

    首相は第1次政権時代、慰安婦問題で昭和天皇を一方的に裁いた民間法廷を取り上げた13年の
    教育テレビ番組の放送などを問題視。経営委員長に懇意の古森重隆氏(現・富士フイルムホール
    ディングス会長)を任命し、ガバナンス強化に取り組んだ。

    NHKはしかし、首相も古森委員長も退任した後の21年4月、看板番組「NHKスペシャル」で
    日本の台湾統治のマイナス面ばかりを強調した。このため、取材した台湾の先住民らから抗議を受けた。

    首相周辺は「NHKには『表向きだけ取り繕っておけば大丈夫』というところがある」とその体質を
    疑問視する。会長人事を通じ、NHKのあり方を根本的に変えることができるかが問われる。(桑原雄尚)

    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131116/plc13111623490017-n1.htm

    no title

    【NHK改革断行は首相の「悲願」 公共放送としてのあり方疑問視】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: そーきそばΦ ★ 2013/07/13(土) 01:55:07.60 ID:???0
    菅義偉官房長官は12日午前の記者会見で、韓国の朴槿恵大統領が現状での日韓首脳会談は困難との見解を示したことに関し、
    「日本としては緊急な課題もないわけだから、事務方で意思疎通を図っていくことが大事だ」と述べ、
    開催を急がず時間をかけて調整していく考えを示した。
     11日の日韓外務次官会談で韓国側から歴史問題への「誠意ある対応」を求められたことについては、
    「安倍内閣の歴史認識は何回も申し上げた通りで、引き続き理解を求めていく」と、
    歴代内閣の歴史認識を踏襲する方針を重ねて表明。「北東アジアは北朝鮮問題をはじめさまざまな問題があり、
    日韓、日米韓で連携することが極めて大事だ」と語った。 

    時事通信 7月12日(金)12時26分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130712-00000068-jij-pol
    画像1

    【菅官房長官「日本としては緊急な課題も無いから」 日韓首脳会談、急ぐ必要は無いとの考えを表明】の続きを読む

    このページのトップヘ