タグ:結婚

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/11/01(金) 16:27:09.64 ID:???0
    仕事、恋愛、美容、人間関係と、働く女性には頭を悩ますことがいっぱいです。
    数あるストレスのなかで、みんなはどんな悩みや不安を抱えているのでしょうか?

    解熱鎮痛薬ロキソニンSを販売する「第一三共ヘルスケア」が、全国の20~40代のOL 2062名(未婚・既婚)を対象に、
    日常の「ズツーの種」をテーマに調査を行いました。「ズツーの種」とは「悩みや不安、怒りなど、心を乱すできごと」を指します。

    調査結果は、10月31日にオープンした「頭痛学園」(頭痛について学べるサイトhttp://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_loxonin-s/gakuen/)に
    出ていますが、ここではその中からショッキングなデータをご紹介しましょう!

    まず、OLの92.6%は何かしら「ズツーの種」があり、三大「ズツーの種」は1位「仕事・キャリア」(63.4%)、
    2位「お金・経済的な問題」(47.0%)、3位「恋愛・結婚」(34.4%)という結果になりました。

    なかでも気になるのは、やっぱり「恋愛・結婚」の項目ですよね。その中身を見てみましょう。
    「恋愛・結婚」がズツーの種だと答えた709人の、悩みの上位は以下のような項目でした。

    1位 結婚できるかどうか不安(63.2% 未婚者では66.0%)
    2位 出産できるかどうか不安(37.9% 30代では48.3%)
    3位 自分に合う人、いい人が見つからない(32.4%)
    4位 男性と出会う機会がない(31.0%)

    うん、わかるわかる、という方が多いのでは。結婚・出産という、ひと昔前なら“当たり前”だったことが
    「できるかどうか不安」というのは、よく考えると異常事態ですよね!

    調査で寄せられたコメントを見てみると……。

    ・「年齢を言ったとたん、明らかに相手の態度が変わる」(東京都/40歳)
    ・「好きになった人は既に彼女持ちで、何の行動もできないまま終わる……何年も繰り返しているので、もう疲れてきました」(神奈川県/36歳)
    ・「突然雨が降ってきて、私しか傘を持ってなかったので彼にさし出したら、自分だけさして私には何もしなかった。普通は相合傘になるでしょう!!!」(大阪府/36歳)
    http://joshi-spa.jp/42330

    no title

    【20~40代未婚OLの5割が「彼氏ナシ」で、「結婚できるか不安」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★ 2013/10/27(日) 09:31:31.71 ID:???0 BE:411505362-PLT(12557)
    筆者は仕事で恋愛相談を受けているのですが、女性から「彼がプロポーズしてくれない」
    「結婚に乗り気じゃないみたいでこのままの関係を続けていいのか不安」という悩みが
    よく寄せられます。

    煮え切らない相手には結婚を促す必要がありますが、結婚願望のアピール法を間違えると、
    むしろ結婚が遠のくこともあるのです。マイナビウエディング編集部が行った、
    「彼女にされると幻滅すると思う」結婚したいアピールアンケートでは、
    以下の結果となっています。

    1位 「結婚しないなら別れる」と切り出される(39.7%)
    2位 「親が会いたがっている」と言われる(19.4%)
    3位 同世代の結婚報告や結婚式の様子を詳しく聞かされる(18.1%)
    4位 「早く子どもが欲しい」と言われる(17.3%)
    5位 結婚情報誌を買ってくる(16.1%)

    *+*+ マイナビニュース +*+*
    http://news.mynavi.jp/articles/2013/10/27/appeal/index.html

    no title

    【男性に最も嫌がられる「結婚願望アピール」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: おじいちゃんのコーヒー ◆I.Tae1mC8Y @しいたけφ ★ 2013/10/09(水) 09:17:05.77 ID:???0
     
    韓国人男性との結婚を法律で禁止するべき――中央アジア・キルギスで
    こんな議論が巻き起こり、韓国人たちのハートをいたく傷つけている。

    実は「結婚NG」を突きつけられたのはこれが初めてではない。
    以前にはカンボジア、またベトナムとも同様のトラブルがあった。
    背景には深刻な「嫁不足」問題もあり、その悩みは尽きない。

    キルギスは中国の西方に位置し、かつては旧ソ連の一角をなしていた国だ。
    日本のおよそ半分の広さの国土に、およそ500万人あまりが暮らす。
    韓国メディアは「私たちにはなじみの薄い国」というが、実は近年この
    キルギスの女性と韓国人男性の結婚が増えており、特に2010年代に入ってからは
    年間100~200件と、韓国人男性の国際結婚相手の1割近くを占める。
    ところがこうした韓国人男性とキルギス人女性の国際結婚で、
    トラブルが続出しているという。ついには2013年3月29日、
    タリエワ・カミラ副首相が韓国大使を呼び出し、

    「韓国人男性との結婚が増える中で、我が国の女性が韓国で不幸な
    結婚生活を余儀なくされる、酷い場合には死に至るケースもあったと
    報告されている。このままでは韓国人との結婚禁止法案が議会で出かねない」

    と通告するにいたった。

    ところが大使は「結婚問題はキルギス人女性に限った話ではないし、
    幸せな結婚生活を送る家庭もある」とあいまいな答えに終始し、
    また本国でもまともな調査が行われなかった。10月6日に民主党の
    梁承晁議員が告発したことで、ようやく日の目が当たり、
    メディアが相次ぎ取り上げる騒ぎになっている。

    http://news.infoseek.co.jp/article/20131008jcast20132185754

    no title

    【キルギスで「韓国人男性との結婚禁止」議論 カンボジア、ベトナムに続いて3国目】の続きを読む

    このページのトップヘ