1: ドラゴンスクリュー(埼玉県) 2013/10/20(日) 23:31:54.56 ID:w+O4VuESP BE:7010161799-PLT(12050) ポイント特典
http://n.m.livedoor.com/f/c/7356009
ドイツ現地紙は16日、同国のメルケル首相が国際ホロコースト記念日(1月27日)とアドルフ・ヒト
ラーが政権を掌握した日(1月30日)を前に、
「ドイツは第2次世界大戦とホロコーストなどナチスの犯罪に対して永遠の責任がある」と述べたと報じた。

韓国メディアはこの報道を相次いで取り上げ、日本政府の態度とを比較しながら「両戦犯国の姿は
あまりに違う」などと伝えた。

メルケル首相はホームページで、「私たちは歴史を直視し、どんなことも隠したり押しつけたりし
てはならない」と主張し、ナチスの犯罪行為に対して「永遠の責任」があることを明らかにした。

韓国メディアは、メルケル首相の発言を報じながら、
「一方で日本の政治指導者は、懺悔(ざんげ)や謝罪どころか軍国主義の亡霊を生き返らせている」
とし、自民党幹部による「竹島の日」(2月22日)式典への出席などを非難した。

憂慮(ゆうりょ)すべき日本の問題点として、平和憲法の修正、河野談話・村山談話など歴史の反
省に対する修正、戦犯企業の強制徴用の賠償拒否などを指摘。
日本とは異なるドイツの態度として、ユダヤ人博物館をベルリンに建立、ナチスの誤りを教えない
教師を処罰、戦犯企業が数度に渡り謝罪していることなどを挙げ、日本とドイツを比較した。
(編集担当:新川悠)



※馬鹿の常套句「ドイツはナチスに責任押し付けてるだけ」←大嘘

no title

【ドイツ人「私達はナチスの犯罪行為に対して永遠の責任がある」 日本人「戦犯も誰も悪くない」何この差】の続きを読む