タグ:映画

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/11/11(月) 21:34:23.58 ID:???0
    「ちょっと騒いでいた私たちも悪いんですけど、ヤンキーっぽい連中が『うるせーよ』とか言ってドリンクをこっちに投げてきたんですよ」
    そう涙ながらに語るのは、ジャニーズ人気グループ中Sexy Zoneファンの女性(17)だ。

    彼女がトラブルに巻き込まれたのは、今月9日より全国で一斉公開された『劇場版 BAD BOYS J―最後に守るもの―』を観に行った時。
    場所は北関東のシネコンだったという。

    同作品の原作は累計5500万部という伝説のヤンキー漫画。関東連合のような半グレと呼ばれる若きアウトローたちからの人気も高い。
    映画の方といえば、中島健人、二階堂高嗣(Kis-My-Ft2)、橋本良亮(A.B.C-Z)らジャニーズの人気タレントが多数出演しており、
    ジャニオタたちの間で必見の作品と言われている。

    それだけにこの作品を観るために一つの場所にジャニオタとヤンキーが集まり、先ほどの女性のような悲劇が起きてしまったのだ。
    彼女は同じ趣味の友人8人と観にきていたのだが、ヤンキーにコーラを投げられ、彼女の友人たちも「ふざけんな」とそれに応戦。
    乱闘に近い状態になってしまい、駆けつけた劇場スタッフを振りきって逃げたという。

    「この映画、ジャニオタからは人気が高いんですけど、原作好きのヤンキーからはとにかく評判が悪いんですよ。
    たしかにアクションなんかはしっかりしてるんですけど、やっぱりジャニタレだと迫力が出ない。
    アウトローからすれば女子供相手のあまちゃん映画にしか見えないんですよ」(映画ライター)

    とのこと。原作好きからすればイマイチと思える作品だけに、ジャニオタたちの嬌声がシャクに触ったのだろう。

    先ほどの彼女によれば「別に観に行った友達も『この作品マジでクソ』とか言ってるヤンキーとモメた」とのこと。
    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20131111/Mogumogunews_818.html

    no title

    【「この作品マジでクソ」、「ふざけんな」ヤンキーとジャニオタが映画館で乱闘・・・映画 「BAD BOYS」が原因か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: パイルドライバー(東日本) 2013/10/31(木) 19:14:30.62 ID:yd1Ubm0H0 BE:215071889-PLT(15073) ポイント特典
    2年ほど前から一部で制作がうわさされている実写版映画『ルパン三世』に、嵐・櫻井翔が出演するという
    情報が出回っている。しかし主演・ルパン三世役は小栗旬とされており、櫻井は二番手である
    次元大介役での出演というから驚きだ。関係者の間でささやかれる一連の裏事情に迫った。

    「当初、『東京スポーツ』の報道では、峰不二子役に沢尻エリカ、また共演に妻夫木聡や藤原紀香の
    名前が挙がっていました。しかしキャスティングを含めて企画は二転三転し、今月に入ってようやく
    タイでクランクインしたんです。主演はやはり小栗でしたが、驚きなのは櫻井が二番手だということ。
    現在の嵐が主演以外で映画に登場するというのは、ちょっと考えられない異常事態ですよ」(制作会社幹部)

    確かに、国内を代表するアイドルグループのメンバーが二番手での出演となれば、ファンから批判が
    起こってもおかしくない事態だ。
    「しかし櫻井は『ルパン』の大ファンということで、オファーにはたいそう大喜びしていたそうです。

    さらに前出の幹部によれば、「ほかのルパン一味のキャスティングですが、石川五ェ門が早乙女太一、
    峰不二子には長澤まさみや深田恭子の名前が挙がっていました。不二子役に関しては、
    クランクインした現在でも確定していないそうで、やはり企画は相当難航続きなのでしょうね」という。
    公開は来春を予定しているそうだが、早期の正式発表に期待したいところだ。

    http://www.cyzowoman.com/2013/10/post_10298.html
    「輪郭」に一抹の不安がよぎります
    no title



    【実写版映画「ルパン三世』」タイでクランクイン ルパン三世 小栗旬 なんと嵐・櫻井翔が次元に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: エメラルドフロウジョン(岡山県) 2013/10/28(月) 21:00:06.94 ID:lleqs3rt0 BE:1831089637-PLT(12108) ポイント特典
    「まどマギ」とプリキュアが興収1、2位

     26日に公開されたアニメ映画「劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語」(新房昭之総監督)と
    「映画ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!? 未来につなぐ希望のドレス」(伊藤尚往監督)が、
    同日と27日の興行収入(興収)ランキングでそれぞれ1、2位となったことが28日分かった。

    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp1-20131028-1210570.html

    no title

    【日本の邦画、なんとアニメに完敗 映画業界騒然】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/10/18(金) 22:36:58.54 ID:???0
    韓国の複数のメディアは17日、日本の人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版「絶海の探偵」に日本の“戦犯旗”が登場し、
    韓国のインターネット上で波紋を広げていると報じた。韓国では旭日旗を「戦犯旗」、「軍国主義の象徴」と決めつけ、
    問題視する傾向が強まっている。

    報道によると、旭日旗は作品の中で日本の自衛隊員が登場する場面の部屋に飾られており、
    隣には日章旗があった。韓国のインターネットユーザーが該当の場面をキャプチャーし、
    コミュニティーサイトに画像を投稿したことで騒動になった。

    サイトにコメントしたあるユーザーは、「5月に日本で『絶海の探偵』を直接見た」とし、
    「映画に登場する軍艦は日本のイージス艦で、この映画は日本の海上自衛隊の協力を得て制作された。
    いたるところに戦犯旗が登場したので、映画を観ている間ずっと気になった」とやはり同作品に登場する旭日旗を問題視した。

    同作品は海上自衛隊のイージス艦の体験航海イベントに参加したコナンが、巨大な陰謀に立ち向かう内容。
    「名探偵コナン」は韓国でも高い人気を誇り、漫画やテレビシリーズなどが輸入されている。

    韓国では最近、日本の人気漫画「進撃の巨人」の作者が非公式ツイッターで、
    日本の統治により朝鮮人の人口も寿命も2倍になった」などと植民地支配を擁護する発言をしたとして、騒動になっている。

    韓国メディアは「名探偵コナン」に旭日旗が登場したことについて、劇場版向けのシナリオであるため
    原作者の青山剛昌氏の意図ではない可能性はあるとしながらも、「進撃の巨人」に続く右翼論争が巻き起こっていると伝えた。
    http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1018&f=national_1018_004.shtml

    no title

    【名探偵コナンに旭日旗登場・・・韓国で問題視 「右翼アニメ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: yomiφ ★ 2013/08/30 13:37:26

    <監督の父親も過去に…>

     日活100周年、タツノコプロ50周年を記念して製作された映画「ガッチャマン」が
    いきなり大コケし、関係者をヤキモキさせている。

    「24、25日のオープニング2日間の成績は、動員約9万人、興収が1億円ちょい。
    昨年10月に製作発表してから、宣伝もバンバンしてきたのに、最終的に10億円に届くかどうか…
    …目標の半分にもなりませんよ」(製作会社関係者)

     1970年代に平均視聴率21%を誇った人気アニメの実写版。懐かしいオトーサンも多いはず。
    主演は松坂桃李(24)、共演に綾野剛(31)や剛力彩芽(21)と“旬”の若手も揃えた。
    科学忍者隊5人分の衣装には、総額2000万円もかけたという。

     加えて、監督は佐藤東弥(54)。最近では、ドラマ「家政婦のミタ」の演出も手がけた
    日本テレビの“敏腕”ディレクターだ。

    「佐藤氏は、映画『ごくせん THE MOVIE』や『カイジ 人生逆転ゲーム』など、
    ヒット作の監督もしている。そして佐藤氏の父親は、映画『人間の証明』や『野性の証明』などを
    監督した佐藤純彌氏。まさにサラブレッドですよ」(映画ライター)

     コケる要素がどこにも見当たらないのだ。もちろん関係者だって全員、
    「飛べ飛べ飛べガッチャマン」と念じたはず。でも“飛べ”なかった。

    「純彌氏も97年に、映画『北京原人 Who are you?』で大コケした過去があります。
    東映が社運をかけた製作費20億円の超大作です。ただ、あまりに内容が奇抜すぎて、
    水野晴郎の『シベリア超特急』と並ぶカルト人気を誇っている。ま、どんな“大物”でも
    コケる時はコケるわけです。〈親子の血は争えない〉なんて口さがない連中もいますが、
    佐藤氏も気にすることはないですよ」(前出の映画ライター)

     この先、口コミ人気が広がって興収が伸びる可能性だってある。

    http://gendai.net/articles/view/geino/144285

    ※参考
    「デビルマン」 235館 初動1億 最終5.2億

    『ガッチャマン』大コケ! 加熱する剛力彩芽批判に、制作側の意外な本音
    http://www.cyzowoman.com/2013/08/post_9722.html

    画像1

    【関係者ヤキモキ、実写版「ガッチャマン」はなぜ大コケ?】の続きを読む

    このページのトップヘ