タグ:政治

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: リキラリアット(関西地方) 2013/10/07 08:14:49 ID:LMG9A/xY0

    集団的自衛権:枝野氏「立憲主義が確保されないなら亡命」


     枝野幸男・民主党憲法総合調査会長(元官房長官)が、憲法解釈を変更して集団的自衛権の行使を容認しよう
    とする安倍晋三首相の構想に対し「立憲主義を破壊するもの」と強く批判した。

     朝日新聞が6日に報じたところによると、枝野氏は5日、東京で開かれた集団的自衛権に関する討論会に出席し
    「民主主義は間違える。間違えた場合でも、影響を小さくするために立憲主義がある。もし、この国で立憲主義が
    確保されないなら亡命する」と主張。その上で「立憲主義を守る当事者は主権者である国民のみなさん。
    亡命しなきゃならないようなことにはならないと思う」と述べた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131007-00000469-chosun-kr

    この人、民主党政権の官房長官(総理大臣職の実務者)です (;・∀・)
     
    no title

    【 民主党・枝野 「本気で怒った 集団的自衛権行使が容認されたら日本を捨てて亡命する」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 諸星カーくんφ ★ 2013/10/05(土) 00:59:08.37 ID:???0

     自民党の石破幹事長は新潟市で講演し、共に集団的自衛権を行使する対象国として、フィリピンやマレーシアなどのアジア諸国を
    含めることを検討すべきだという考えを示しました。

     「アメリカの力は相対的に落ちます。中国の力は相対的に上がります。バランスが崩れつつあります。このアジア太平洋地域で
    バランスを保つためには、日米同盟を強くするだけではなくて、日本とフィリピン、日本とマレーシア、日本とインドネシア、そういう国々
    との間に、そういう関係を作るというのも一つの考え方だと私は思う」(自民党 石破 茂 幹事長)

     自民党の石破幹事長は新潟市での講演で、「集団的自衛権の行使を認めていないのは世界で日本だけだ」と語り、憲法解釈を
    変更して集団的自衛権の行使を容認すべきだという考えを改めて示しました。

     その上で石破氏は、「アメリカの力は落ちていき、中国の力は上がっていく。力のバランスが崩れたら戦になる」と指摘し、中国を
    けん制するため共に集団的自衛権を行使する対象国に、中国を除くアジア諸国を含めることを検討すべきだという考えを示しました。

     石破氏は「私たちは戦争したくてこんなことを言っているのではない。戦争にならないために、どうするかということを考えていくのが
    我々のつとめだ」と強調しました。

    ソース(TBS News-i) 
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2022482.html
    http://news.tbs.co.jp/jpg/news2022482_6.jpgno title



    【自民・石破幹事長、集団的自衛権「日米だけでなく、フィリピンやマレーシア、インドネシアなど、東南アジア諸国も対象にすべき」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 西独逸φ ★ 2013/07/12(金) 17:17:38.18 ID:???0
    菅直人元首相のインターネット上での暴走が止まらない。東京電力福島第1原発の吉田昌郎元所長が死去した際には、
    10日付のブログで「吉田所長の死を惜しむ」と題しこう書いた。

     「吉田所長は東電上層部の意向に反して独断で海水注入を継続した。英断だ」

     平成23年3月12日、水素爆発した1号機への海水注入をめぐり、「菅首相の了解が得られない」と中断を求め
    た東電本店の指示に逆らい、独断で注水を続行した吉田氏を称賛している。

     ここまでは尋常だが、この後は文章の趣旨が追悼からずれ、自己弁護と他者攻撃へとどんどん傾く。

     「当時安倍晋三氏(現首相)は『海水注入を止めたのは菅総理。即刻辞任しろ』とメルマガで私への辞任を迫った。
    東電本店のウソの情報を振りかざして、原発事故までも政争の具にしようとした」

     また、菅氏は関連して10日付のツイッターではこうも記している。

     「海水注入問題では東電が自分たちの判断を官邸の判断とすり替えた」「私を含め官邸の政治家は海水注入は当然
    と考えており、誰も中止を指示していない」

     菅氏は6日付のブログでも「安倍総理の大陰謀」と題し、安倍首相が「東電から頼まれて」でたらめの情報を発信
    したため、「菅降ろし」が起きたと訴えた。同様に11日には「ネットを利用した安倍晋三総理の巧妙な名誉毀損
    (きそん)」と書くなどボルテージを上げた。

     2以降に続く
    no title


    ソース
    産経新聞 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130712/plc13071211370004-n1.htm
    6: 西独逸φ ★ 2013/07/12(金) 17:19:23.33 ID:???0
     >>2続き

    官邸に詰めていた東電の武黒一郎フェロー(当時)が、菅氏の反応を見て第1原発の吉田氏に電話で「止めろ。官邸
    がグジグジいってんだよ」と中断を求めたことまで「東電の判断」と言い張る菅氏の主張は無理がある。

     海水注入続行はあくまで吉田氏の独断による「結果オーライ」にすぎない。菅氏の「意向」がそのまま実行に移さ
    れていたら、1号機はどうなっていたことか-。結果は想像したくない。

     ~ おわり ~
    【菅元首相、ネット上で大暴走 吉田元所長死去で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: トラ(大阪府) 2013/07/09 10:14:54 ID:qwyRSrij0
    ≪子供にも戦争の恐怖を煽り≫

     昨年12月の総選挙の直前、所在地も形態も異なる高校と中学に通う娘と次男が口を揃(そろ)えて、
    「安倍政権になると私(僕)たちは戦争に行かなければならないんでしょ?」と尋ねてきた。学校で先生から聞いたという。
    当時、同種のデマが全国の学校で出回っていたようだ。私は「現代の戦争はハイテク戦だ。訓練されたプロにしか
    できない。素人が自衛隊に入っても足手まといになるだけだ。徴兵なぞあり得ない」と説明した。

    子供たちは納得したようだが、戦争の恐怖を煽(あお)って安倍政権に嫌悪感を持たせる動きは早くから始まっている。

    普遍的な軍隊の実質を与え、日米同盟強化のために集団的自衛権行使を可能にする-。これらは、急速に増大する
    中国の脅威に対抗し、戦争を避けるために不可欠である。にもかかわらず、反対勢力は「自民党は戦争をしようとしている」
    と憲法改正の方を逆に危険視する。

    基本的人権の制約原理として現行憲法が「公共の福祉」と呼んでいるものを、自民党の憲法改正草案が「公益及び公の
    秩序」と言い換えたことについても、戦時下の国家統制を持ち出して、言論の自由を含む基本的人権が大幅に制約されると
    危険性を強調する。

    考えてもみよ。日本ほどの先進国で、既に国家として批准しているさまざまな人権条約に反する統制的な体制を築ける
    わけがない。国内には多くの外国人や外国メディアが存在し、彼らも対象となるからだ。国民に恐怖心を持たせて
    憲法改正そのものを阻止するためのデマが流されている。

    いかそ
    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130709/stt13070903270002-n1.htm

    画像1
    【参院選で安倍が勝つと、徴兵制が施行されて俺達は戦争で死ぬわけだけど、それでも自民党に入れるの?】の続きを読む

    このページのトップヘ