1: かじてつ!ρ ★ 2013/08/01(木) 21:30:16.14 ID:???P

○竹島記した最古の日本地図確認 島根県、江戸時代の2枚

島根県の「竹島問題研究会」は1日、竹島が記された江戸時代(1760年代)の
日本地図2枚を確認したと明らかにした。

竹島を描いた最古の日本地図は水戸藩の地理学者長久保赤水(1717~1801年)
作製の「改正日本輿地路程全図」(1779年)だったが、この2枚も長久保が同全図の
下図などとして作ったとみられる。

研究会は「これまでよりも少なくとも10年さかのぼって、竹島が日本領であることを
補強する資料」としている。

2枚は、1760年代作成の「日本図」(縦約66センチ、横約67センチ)と、1768年の
「改製日本扶桑分里図」(縦約85センチ、横約135センチ)。2枚とも、現在の竹島を
「松島」、韓国領・鬱陵島を「竹島」と表記している。

分里図には、鬱陵島の横に「見高麗猶雲州望隠州」と記され、「鬱陵島から朝鮮
(高麗)を見るのは、出雲国(雲州)から隠岐国(隠州)を見るくらい近い」と読めるという。

☆写真:
1760年代に作られた「日本図」
http://sankei.jp.msn.com/images/news/130801/art13080119410007-p1.jpgno title

http://sankei.jp.msn.com/images/news/130801/art13080119410007-p2.jpg
1768年に作られた「改製日本扶桑分里図」
http://sankei.jp.msn.com/images/news/130801/art13080119410007-p3.jpg
http://sankei.jp.msn.com/images/news/130801/art13080119410007-p4.jpg

□ソース:産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130801/art13080119410007-n1.htm


【竹島記した最古の日本地図確認 江戸時代(1760年代)の2枚】の続きを読む