タグ:岩手

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/09/18(水) 23:09:55.02 ID:???0

    『あまちゃん』の舞台になったことで注目を集めている岩手県。
    全国規模で県民性を独自調査したディグラム・ラボ社の分析結果(『ケンミンまるごと大調査』文藝春秋)によると、
    この自然豊かな場所で育った岩手県民が日本で一、二を争うSEX&不倫好きな県民性だという。

    ディグラム診断の詳細についてはこちら【http://wpb.shueisha.co.jp/2013/07/21/20578/】を参照してほしいが、
    同社のアンケート結果では男女合わせて「SEXが好き」の項目で2位の青森県(54.9%)、
    3位の島根県(54.4%)を抑え、全国平均(50.2%)を大きく上回る56.2%で堂々1位。

    また、「不倫をしたことがある」も32.8%で、2位の島根県(30.8%)、3位の高知県(28.0%)、
    さらに最下位の愛媛県(16.6%)に対してはダブルスコア(32.8%)をつけ、ぶっちぎりの“不倫天国”という結果が出ている。

    どうして岩手県民はエロいのか? ディグラム・ラボ代表の木原誠太郎氏はまず、同社の調査方法についてこう説明する。
    「47都道府県に住む日本人を対象に、人口密度に合わせて偏りのないよう3万2000人を抽出しました。

    それらの人々を対象に全225問のアンケートを実施、その内容を『ディグラム』というセルフカウンセリングプログラムを使い心理学的に分析したのです」

    要するにアンケートの集計数値のみでなく、それを心理学統計で分析した上、他県と比べて顕著な特徴が見られた結果というわけだ。木原氏が続ける。
    「これを診断すると男性は頑固者でとことん勝負にこだわる人が多い。後出しジャンケンでもいいから勝ちたいと思うタイプで、

    小沢一郎さんなどは岩手男性を凝縮した人かもしれません。また女性は他人に厳しく批判精神も旺盛ですが、
    半面、順応性もあるため本音と建前のはざまで葛藤をため込むタイプが多いですね」

    アンケート結果をその性格分析に当てはめると、岩手県民のSEX&不倫好きがさらに浮き彫りになってくる。
    「とにかく大前提として男性の下半身のパワーがスゴいんですよ。実は女性の性欲はさほど強くないのに、
    男性が平均値を爆アゲしているためSEX好き全国1位になっているのが実情です」(木原氏)
    http://wpb.shueisha.co.jp/2013/09/18/21947/
    >>2


    【岩手の男は日本一、性欲と自己顕示欲が強い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: アヘ顔ダブルピースφ ★ 2013/07/23(火) 00:19:06.30 ID:???0
    【参院選】「小沢王国」はなぜ崩壊したのか

    21日投開票された参院選の岩手選挙区(改選数1)で、生活の党の小沢一郎代表(71)が擁立した候補が惨敗し、
    地元・岩手県で小沢氏の影響力低下が鮮明になった。県内4小選挙区のうち3選挙区を落とした昨年の衆院選に続く
    地元での敗北。かつて圧倒的な支持基盤の固さを誇った「小沢王国」はなぜ崩壊したのか。

    「正直言って大変驚いている」。小沢氏は21日夜の会見で、岩手選挙区の敗北についてこう述べた。
    小沢氏の同級生、中目(なかのめ)一行さん(70)は
    「崩壊したとは思っていない。われわれは次の選挙を見据えている」
    と語るが、今回はおひざ元の奧州市でも異変が現れた。

    奥州市内の得票数は、3選を決めた無所属の平野達男前復興相(59)が2万8671票だったのに対し、
    生活新人の関根敏伸氏(57)は1万2578票と半分にも満たなかったからだ。
    県全体では平野氏の24万3368票に対し、関根氏は9万1048票にすぎなかった。

    「小沢さんの時代は終わった」。奧州市水沢区の主婦(70)はこう話す。
    小沢氏の秘書を20年以上務めた高橋嘉信元衆院議員(59)も
    「王国は完全消滅。政局と自分の立場だけ優先してきた結果だ。人の心は離れてしまった」。

    msn産経ニュース 2013.7.22 22:38
    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130722/elc13072222400146-n1.htm

    >>2以降へ続きます。

    2: アヘ顔ダブルピースφ ★ 2013/07/23(火) 00:19:28.46 ID:???0
    >>1からの続きです。

    なぜ小沢氏への期待が薄れていったのか。過去に小沢氏と行動を共にした県政関係者は
    「この1年間だけでも政党が次々と変わり、政策も共産党などの野党と変わらなくなった。
    その変化に県民がついていけなくなった」と分析する。

    理由はそれだけではない。平成23年3月の東日本大震災で岩手も甚大な被害が出たのに
    小沢氏が初めて被災地入りしたのは10カ月も後の24年1月。
    小沢氏に近い郷右近(ごうこん)浩県議(48)は
    「警備上の理由で被災地入りをやめてほしいという要請があったため」と明かすが、
    被災者の目に被災地入りが遅れた小沢氏は冷たく映った。

    津波被害を受けた大槌町の主婦、浜田智子さん(37)は「岩手の人なら来てほしかった」と嘆く。
    小沢氏の後援会幹部は「尾を引いているのは間違いない」と認める。

    「王国」の崩壊は今度どう影響するのか。八幡平市の田村正彦市長(65)は
    「小沢さんは自分の意に沿わない人を切り捨ててきた。市長選では露骨に対立候補をぶつけてきた」と振り返る。
    首長選で対立候補を立てるのは、小沢氏側かどうか色分けをはっきりさせる狙いがあるとされる。
    今月無投票で4選した住田町の多田欣一町長(68)は
    「もうぶつけることもできなくなるだろう。そうなると(選挙の)結果も変わってくる」
    と指摘しており、小沢氏の影響力低下はより加速するとみられる。

    東日本大震災の津波で甚大な被害を受けた被災地に小沢一郎氏のポスターが貼られていた
    =岩手県大槌町(大竹直樹撮影)
    http://sankei.jp.msn.com/images/news/130722/elc13072222400146-p1.jpgno title


    msn産経ニュース 2013.7.22 22:38

    【【参院選】「小沢王国」はなぜ崩壊したのか】の続きを読む

    このページのトップヘ