タグ:地方

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: そーきそばΦ ★ 2013/11/26(火) 01:15:21.29 ID:???0
     福岡県糟屋郡の公立中学校の校内で、拳銃の暴発があったことが25日、粕屋署への取材でわかった。
    男子生徒が持ってきていたものを、男性教師(25)が23日に職員室で扱っていて誤射したという。けが人はいなかった。
    学校が25日、署に届けた。署は、本物の拳銃と実弾とみて殺傷能力などを調べる。

     署や学校によると、暴発したのは23日午後5時ごろ。発射された弾は、職員室の木製の椅子に当たり、
    椅子の下から弾が見つかった。20日午前中に教室内で生徒がフィギュアで遊んでいるのを見た教師が、
    他におもちゃを持っていないか荷物を出させたところ、拳銃のようなものがあった。学校が没収し、職員室で保管していた。

     教師は23日夕、教頭に「おもちゃのピストルと思って撃ったら弾が出た」と電話で報告。25日の朝、
    教頭から報告を受けた校長らが、拳銃や弾を署に持っていき、誤射があったことを伝えた。
    拳銃には他に数発、弾が込められていた。

     校長は報道陣に対し「警察で本物と言われるまで、弾の出るモデルガンだと思っていた」。
    教頭も「生徒が本物の拳銃を持っているなど想像もしなかった」と話した。

     署は銃刀法違反の疑いもあるとみて、銃が誰の物か、生徒がなぜ学校に持ってきたのかなどを調べている。

    朝日新聞社
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131125-00000038-asahi-soci

    no title

    【福岡の中学教諭、生徒から没収した拳銃を職員室で暴発させる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: トペ スイシーダ(徳島県) 2013/11/05(火) 20:46:57.22 ID:CxZSHu/z0 BE:1695248238-PLT(12121) ポイント特典
    群馬県渋川市の金井東裏遺跡で、6世紀初め(古墳時代)の火山灰層から見つかったよろいを着た男性の骨の近くに、
    鉄製のかぶとが残っていたことが、5日までの県埋蔵文化財調査事業団の調査で分かった。
    3日の県の検討委員会で報告した。

     事業団がCTスキャンで調べたところ、うつぶせになった男性の顔の下に、縦約25センチ、横約20センチ、高さ約13センチのかぶとを確認。
    短冊状の鉄板をつなげて後部に垂らした「しころ」と呼ばれる部分のほか、頬当ても付いていた。

     周囲の状況から、手に持った状態で榛名山噴火の火砕流に巻き込まれたとみられる。

     事業団の右島和夫理事は「鉄のよろいだけでなくかぶともそろったことで、男性が地域の最有力者だった可能性が高まった。
    今後、人物像を具体的に明らかにしていきたい」と話している。

    http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG03017_V01C13A1CR0000/

    no title

    【グンマーでヨロイ着た男性の骨と鉄製かぶと見つかる…地域の有力者か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: キャプテンシステムρφ ★ 2013/10/11(金) 13:23:33.14 ID:???0

    今年8月に創立15周年を迎えた「アマゾン群馬の森」。
    1992年にリオ市で開催された「地球環境サミット」でアマゾン熱帯雨林の重要性が再認識されたことを機会に、
    その思いに共鳴した当時の群馬県知事・小寺弘之氏(故人)を中心に母県で集められた募金3000万円で540ヘクタールの土地を購入した。

    2009年までは県から補助金が送られていたものの、その後県側の体制変化などで打ち切りとなり、現在は厳しい運営状態が続く。
    「群馬の森」を所有管理している在北伯群馬県人会の岡島博会長(72)に話を聞いた。

     「群馬の森」はパラー州ベレン市から北東に約50キロの距離にあるサンタ・バルバラ市に位置し、
    約540ヘクタールの面積のうち、400ヘクタールが原始林、140ヘクタールが再生林となっている。

     森は約100年前からポルトガル系移民たちが農業用地として使用していた。
    92年のリオ市での地球環境サミットを経て、在北伯群馬県人会が熱帯雨林保護を目的に「アマゾン群馬の森」設置を母県に陳情。
    当時の小寺県知事を会長とした「アマゾンに群馬の森を作る会」を中心に、
    「県民の手によるアマゾンに群馬の森」募金実行委員会(久保田富一郎会長=当時)が組織され、
    県内の550団体と延べ数千人により3000万円の資金が集められた。

     その後、群馬県内で組織されたNPO法人「森の会」が植樹団を「群馬の森」に派遣。
    「こども緑の大使」らが植樹活動を行うなどし、母県の民間団体なども協力して毎年、県側から200万円の補助金が送られていた。

    しかし、県側の体制変化や財政的な問題などから2009年に補助金が打ち切られ、
    その後は岡島会長が個人的に資金を出すなどして運営を行っているが、厳しい状況が続いている。

    今後の方向性について岡島会長は、「ベレン市、パラー州やその他の地域からの来訪者が気軽に来て
    原始林に自然に触れるように散策する道を整備するなど、身 近にできることからやっていきたい」と話し、
    「これまでの15年、一緒にやってきてくれた仲間たちに顔向けできるよう新しいスポンサー探しからやっていき たい」と節目の年を機会に新たな意気込みを見せている。

    http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/15119/menu/8/cat/105


    【「アマゾン群馬の森」を守りたい…県の補助金打ち切りで厳しい維持管理】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: アヘ顔ダブルピースφ ★ 2013/09/29(日) 00:39:40.08 ID:???0

    さらばワースト1  群馬県「魅力度」最下位脱出

    民間シンクタンク「ブランド総合研究所」(東京都港区)が行ったことしの「地域ブランド調査」で
    本県の「魅力度」が全都道府県中44位となり、昨年の最下位から脱出した。「認知度」も38位から25位に上昇。
    県はマスコットの「ぐんまちゃん」やスマホアプリ「ぐんまのやぼう」人気の効果が出始めていると分析し、
    「富岡製糸場と絹産業遺産群が世界遺産登録されれば、さらに流れが変わるはず」と期待する。

    調査は都道府県のイメージや訪問経験、観光地、地産品について尋ね、全国の2万9651人から有効回答を得た。
    魅力度や認知度以外の項目では「情報接触度」と「訪問率」がいずれも22位(昨年25位)、
    「居住意欲度」も35位(同44位)と順位を上げた。
    ただ、「観光意欲度」は45位(同45位)、「食品購入意欲度」は43位(同45位)と下位で、
    魅力度も44位で依然低迷している状況は変わりない。

    ブランド総合研究所は「世界遺産登録が魅力度向上の起爆剤になり得る」と指摘する。
    富士山が世界遺産に登録された山梨県の魅力度は昨年の29位から23位にランクアップ。
    担当者は「富岡製糸場が群馬にあると周知する努力が重要だ」と話した。

    ことしの魅力度上位は1位北海道、2位京都府、3位沖縄県、4位東京都、5位神奈川県。
    下位は43位徳島県、44位群馬県、45埼玉県、46位佐賀県、47位茨城県だった。

    上毛新聞 2013年9月28日(土) AM 07:00
    http://www.jomo-news.co.jp/ns/2613802963632630/news.html

    画像1

    【さらばワースト1 地域ブランド調査で「魅力度」最下位脱出 全都道府県中44位】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: かしわ餅φ ★ 2013/09/24(火) 11:39:47.12 ID:???0

    仕事に就かず、学校にも行かないいわゆるニートの若者の就労支援を行う施設が、
    さいたま市に開設しました。

    この「地域若者サポートステーション」は、いわゆるニートの若者の職業的な自立を
    促そうと厚生労働省が全国に設置を進めているものです。

    今月、さいたま市大宮区にオープンした施設には、元教員や臨床心理士などが
    常駐し訪れた若者に対して、目標の設定や今の問題点などきめ細かな支援プログラムを
    作って就労に向けたアドバイスが続けられます。
    そして、コミュニケーションの取り方やビジネスマナーなど実践的な訓練も行い
    3か月から4か月後の就労に結びつけたいとしています。

    総務省の労働力調査では、15歳から34歳のニートの数は全国で63万人と統計を
    取り始めた平成7年以降で最も多くなり、これらの若者が生活保護の受給者に
    なるケースも多いということです。

    施設を運営するNPO法人の小林夕紀恵さんは「若者が仕事に長く定着できるよう
    不安がある人は相談に来てほしい」と話しています。

    “ニート”の就労支援施設開設 - NHK 首都圏 NEWS WEB
    http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20130924/4743341.html

    画像1

    【コミュニケーションの取り方などを訓練 “ニート”の就労支援施設開設】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/09/18(水) 23:09:55.02 ID:???0

    『あまちゃん』の舞台になったことで注目を集めている岩手県。
    全国規模で県民性を独自調査したディグラム・ラボ社の分析結果(『ケンミンまるごと大調査』文藝春秋)によると、
    この自然豊かな場所で育った岩手県民が日本で一、二を争うSEX&不倫好きな県民性だという。

    ディグラム診断の詳細についてはこちら【http://wpb.shueisha.co.jp/2013/07/21/20578/】を参照してほしいが、
    同社のアンケート結果では男女合わせて「SEXが好き」の項目で2位の青森県(54.9%)、
    3位の島根県(54.4%)を抑え、全国平均(50.2%)を大きく上回る56.2%で堂々1位。

    また、「不倫をしたことがある」も32.8%で、2位の島根県(30.8%)、3位の高知県(28.0%)、
    さらに最下位の愛媛県(16.6%)に対してはダブルスコア(32.8%)をつけ、ぶっちぎりの“不倫天国”という結果が出ている。

    どうして岩手県民はエロいのか? ディグラム・ラボ代表の木原誠太郎氏はまず、同社の調査方法についてこう説明する。
    「47都道府県に住む日本人を対象に、人口密度に合わせて偏りのないよう3万2000人を抽出しました。

    それらの人々を対象に全225問のアンケートを実施、その内容を『ディグラム』というセルフカウンセリングプログラムを使い心理学的に分析したのです」

    要するにアンケートの集計数値のみでなく、それを心理学統計で分析した上、他県と比べて顕著な特徴が見られた結果というわけだ。木原氏が続ける。
    「これを診断すると男性は頑固者でとことん勝負にこだわる人が多い。後出しジャンケンでもいいから勝ちたいと思うタイプで、

    小沢一郎さんなどは岩手男性を凝縮した人かもしれません。また女性は他人に厳しく批判精神も旺盛ですが、
    半面、順応性もあるため本音と建前のはざまで葛藤をため込むタイプが多いですね」

    アンケート結果をその性格分析に当てはめると、岩手県民のSEX&不倫好きがさらに浮き彫りになってくる。
    「とにかく大前提として男性の下半身のパワーがスゴいんですよ。実は女性の性欲はさほど強くないのに、
    男性が平均値を爆アゲしているためSEX好き全国1位になっているのが実情です」(木原氏)
    http://wpb.shueisha.co.jp/2013/09/18/21947/
    >>2


    【岩手の男は日本一、性欲と自己顕示欲が強い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: キャプテンシステムρφ ★ 2013/09/11(水) 20:58:07.04 ID:???0

     「狩猟の魅力まるわかりフォーラム」が9月14日、ピアザ淡海(大津市におの浜1)で開催される。

     主催の環境省は、全国的に生息域を拡大し続けているニホンジカの2011年度の生息数が、過去最多の216万頭と推定。
    さらに、ニホンジカの捕獲の努力が現状にとどまるとすれば、2025年度に500万頭まで増えるとも。
    増えすぎたニホンジカは、すでに各地で生態系や農林水産業への被害を深刻化させており、対策の必要性は高まっている。
    滋賀県では、県内の野生鳥獣による農作物被害額が、2012年度で3億6,433万円。
    シカの生息数は前回の調査よりも減少はしているものの2010年度3月で4万7000~6万7000頭と推測される。
    2012年度時点でイノシシ、シカの順で獣害の80%を占めている。

     同省は人間と野生鳥獣の適切な関係をこれからも続けていくために、
    増えすぎた鳥獣の生息数を抑制する取り組みを進めており、ハンターが重要な役割を果たしてきた。
    現在、ハンターの全国的な高齢化・減少が進んでおり、ニホンジカの生息数が増加した一因といわれている。
    同フォーラムは新たな担い手となるハンターを確保するのが狙い。

     フォーラムでは若手ハンターの人物像に迫るトークセッションや、ジビエ料理の試食、
    ハンティングの模擬体験ができるワークショップブースの出展などがあり、
    狩猟とはどういうものか、ハンターとはどういう人なのかを知ることができる。

     鳥獣害対策コンサルタント「wildlife management consultant(ワイルドライフ・マネージメント・コンサルタント)」を経営する齋田由紀子さんは、
    日野町で「有害捕獲」に従事し、現在は猿の獣害防止のために生態調査などに携わっている「猟ガール」。
    「狩猟はスペシャル、非日常的と思われているが、銃を持っている人は平日はサラリーマン、休日はゴルフクラブの代わりに免許を取得して銃を持つ。
    趣味の世界から今は社会的な意義を持って活動しているということを知っていただければ」と参加を呼び掛ける。

    http://biwako-otsu.keizai.biz/headline/912/

    no title

    【「あなたもハンターになりませんか?」滋賀・大津で「狩猟の魅力フォーラム」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Baaaaaaaaφ ★ 2013/08/31 15:09:22

    2012年都道府県の魅力度ランキングで、最下位に選ばれてしまった群馬県。
    日本一ブランド力&知名度のない秘境として、今ネットなどでは「未開の地
    グンマー」としておちょくられているという。

    えーっ!そんなことないのでは? だって、「下仁田ネギ」とか有名だし、
    ゆるキャラ「ぐんまちゃん」は昨年のゆるキャラグランプリでは3位に選ば
    れていたはずだもの!

    と思って試しに「グンマー」で検索してみたところ、無関係な海外の僻地や
    原住民の画像などが多数投稿され、「基本的に半裸の人間しかいない」「魔
    術を使うシャーマンが存在するらしい」「県庁は骨組みは木、屋根部分は藁
    のようなものでできている」などという噂がまことしやかに囁かれてたので
    ある!! ここまでいじられると、かえっておいしいのでは?というほどの
    盛り上がりようだ。あまつさえ、ついに噂の(!?)『群馬のおきて』(ア
    ース・スター・エンタテインメント)なる本まで発売された模様。

    著者はプロデューサーからライター陣にいたるまで群馬県出身者が一同に介
    した「群馬県地位向上委員会」。自虐っぽいネタもありつつ、地元への愛あ
    ふれる内容に仕上がっている。知られざる名産品やB級グルメ、独特の習慣な
    ど「群馬あるある」コラムが52編おさめられており、たとえば個人的にグッ
    ときたネタはこんな感じ。

    ■贈りものなら「スズラン」……群馬県民に圧倒的なブランド力を誇るローカ
    ル百貨店。贈答品が緑×白のスズラン柄の紙袋に入っているだけで、「ちょっ
    と良いもの感」がビンビンに漂うらしい。包装紙をとっておく県民も多いとか。

    ■焼肉なら「チョーハン」……「朝鮮飯店」という一見ギョッとするネーミン
    グだが、リーズナブルな価格で絶大な支持を集める焼肉チェーン。最近は「
    牛角」などの大手も進出してきているが、やはり地元ではチョーハンの人気が
    根強いらしい。
    http://www.excite.co.jp/News/bit/E1377740986527.html


    2: Baaaaaaaaφ ★ 2013/08/31 15:09:38

    ■運動会のチーム分けが「山」……運動会のチーム分けは「赤組」「白組」と
    かではなくて、「上毛三山」にちなんだ「赤城団」「棒名団」「妙義団」の3チ
    ームに分けるのが基本だそう。…

    なお、運動会で綿菓子などの屋台が出るのもグンマーではふつうのことな
    のだとか。

    ……とそんな感じで読んでいると、なんかちょっとグンマーに親しみがわい
    てくる。版元のアース・スター エンターテイメントに企画のきっかけなど聞
    いてみたところ、ネットでおもしろおかしくネタにされているうちは「まだ」
    良かったのだが、やはり昨年、ついに最もブランド力&魅力のない県に認定さ
    れてしまったことが、群馬県地位向上委員会の皆さんとしては内心、とっても
    悔しかったのだそうだ。

    「そこで、自信を失った群馬県民にエールと活力を贈る意味でも、群馬県出身
    者が胸を張って故郷を自慢できるようになるためにも、群馬の魅力を再認識で
    きる本が必要だと思い企画しました。群馬県出身者はなんだかんだ言って、
    群馬の事が大好きで深い愛情を持っているんです……」
    とのことで、企画段階で集まった群馬あるあるネタはなんと500項目以上!そ
    こから各自を納得させ、「これぞ群馬!」という52項目に絞るのは、至難の業
    だったという。
    なお、2012年以前の魅力度ランキング調査でずーっと最下位を誇っていたのは
    「茨城県」だったのだそうで、地位逆転してしまったのにはやはりネットの影
    響もあるのではないか、とのことだった。

    そんなこんなで、群馬県出身・在住者はもちろん、パートナーや彼氏彼女がグ
    ンマーだったり、親しい友人知人にグンマーがいる人は必携!! 読めば秋の
    旅行にもお決まりの京都や金沢だけでなく、群馬を候補に入れたくなること請
    け合い。来たる2013年のゆるキャラグランプリで、「ぐんまちゃん」が何位に
    食い込むのかも気になってきた……。あなたもぜひ本書で、ネタではなく本気
    度200%のグンマーの魅力にふれてみてほしい。

    画像1

    【日本一ブランド力&知名度のない秘境「未開の地グンマー」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: かじてつ!ρ ★ 2013/08/01(木) 21:30:16.14 ID:???P

    ○竹島記した最古の日本地図確認 島根県、江戸時代の2枚

    島根県の「竹島問題研究会」は1日、竹島が記された江戸時代(1760年代)の
    日本地図2枚を確認したと明らかにした。

    竹島を描いた最古の日本地図は水戸藩の地理学者長久保赤水(1717~1801年)
    作製の「改正日本輿地路程全図」(1779年)だったが、この2枚も長久保が同全図の
    下図などとして作ったとみられる。

    研究会は「これまでよりも少なくとも10年さかのぼって、竹島が日本領であることを
    補強する資料」としている。

    2枚は、1760年代作成の「日本図」(縦約66センチ、横約67センチ)と、1768年の
    「改製日本扶桑分里図」(縦約85センチ、横約135センチ)。2枚とも、現在の竹島を
    「松島」、韓国領・鬱陵島を「竹島」と表記している。

    分里図には、鬱陵島の横に「見高麗猶雲州望隠州」と記され、「鬱陵島から朝鮮
    (高麗)を見るのは、出雲国(雲州)から隠岐国(隠州)を見るくらい近い」と読めるという。

    ☆写真:
    1760年代に作られた「日本図」
    http://sankei.jp.msn.com/images/news/130801/art13080119410007-p1.jpgno title

    http://sankei.jp.msn.com/images/news/130801/art13080119410007-p2.jpg
    1768年に作られた「改製日本扶桑分里図」
    http://sankei.jp.msn.com/images/news/130801/art13080119410007-p3.jpg
    http://sankei.jp.msn.com/images/news/130801/art13080119410007-p4.jpg

    □ソース:産経新聞
    http://sankei.jp.msn.com/life/news/130801/art13080119410007-n1.htm


    【竹島記した最古の日本地図確認 江戸時代(1760年代)の2枚】の続きを読む

    このページのトップヘ