タグ:ドコモ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: シャイニングウィザード(東京都) 2013/11/13(水) 18:34:11.48 ID:tYTgoTME0 BE:1548324746-PLT(12001) ポイント特典
    新幹線駅で最速のiPhone 5sはどこのキャリア? ――ICT総研が全97駅で調査

    調査結果によると、全97駅全291地点のすべてでLTEを受信できたのはKDDI(au)のiPhone 5s。
    NTTドコモは288地点(99.0%)、ソフトバンクモバイルは269地点(92.4%)でLTEを受信できた。

    no title

    http://businessnetwork.jp/Detail/tabid/65/artid/3131/Default.aspx


    810 自分:非通知さん[] 投稿日:2013/11/13(水) 12:29:19.56 ID:YZM19IQJ0 [1/2]
    iPhoneでのSafariブラウザYou Tube画質比較

    HQ on
    no title


    HQ off
    no title



    【ソフトバンクの繋がりにくさNo.1が判明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: かじてつ!! φ ★ 2013/09/11 03:17:00

    ○ドコモ、iPhone販売へ Appleが正式発表

    NTTドコモはiPhoneの販売に踏み切る。9月10日(現地時間)、米Appleが
    開いた発表会で明らかにされた。iPhoneの取り扱いを見送ってきたドコモの
    参入で国内大手キャリア3社ともiPhoneを販売することになり、競争の
    激化は必至だ。

    ソフトバンクモバイルは2008年にiPhoneを発売し、KDDIは2011年に参入。
    国内ではiPhoneが最も人気の高いスマートフォンになっており、iPhoneを
    販売していなかったNTTドコモは12年度にMNP(携帯番号ポータビリティ)で
    約140万件の転出超過に陥るなど、苦戦を強いられていた。今後はiPhoneで
    攻勢を強めるとみられ、ソフトバンクモバイル、KDDIも対抗策を迫られそうだ。

    □ソース:ITmedia
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1309/11/news038.html

    画像1

    【ドコモ、iPhone販売へ Appleが正式発表[13/09/11]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★ 2013/09/08(日) 22:50:02.75 ID:???0 BE:1097348148-PLT(12557)

    ついにNTTドコモがiPhoneを発売するとのニュースで盛り上がっている。
    ではもし発売された場合、どれくらいの顧客がドコモに流れるのか。

    筆者の周りのドコモユーザーには「発売してすぐには買わず、しばらく様子を
    見てから購入する」との声も多いが、MMD研究所が既存3社の顧客に聞いたところ、
    ドコモユーザーの次期iPhoneの購入意向は55%だという(購入したい+やや購入したい)。
    もちろんこれは「ドコモからiPhone発売」のニュースが報じられる前の調査なので、
    発売されればドコモユーザーのiPhone購入意欲はさらに高まる可能性がある。

    *+*+ EconomicNews +*+*
    http://economic.jp/?p=26887

    画像1

    【ドコモからiPhone発売か…ユーザーはどう動く】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    画像1
    1: アヘ顔ダブルピースφ ★ 2013/08/14(水) 14:16:33.18 ID:???0

    ドコモの冬商戦、ソニー・シャープ・富士通を重点販売へ=関係筋

    [東京 14日 ロイター] NTTドコモは、ソニー、シャープ、富士通のスマートフォン(スマホ)を
    今年の冬商戦の主力端末として重点販売する方向で調整に入った。

    複数の関係筋によると、特定機種を値引きする夏商戦の「ツートップ」戦略を基本的に踏襲するが、
    3機種を「スリートップ」として展開するかどうかなど具体的な販売手法は今後詰める。
    経営再建中のシャープにとってはスマホでの反転攻勢が見込まれ、今期の業績回復に弾みがつきそうだ。

    3メーカーのうち、ソニーの旗艦端末「エクスぺリアZ」の後継機が冬商戦の主力端末に選ばれた。
    夏商戦でツートップの一角に入った「エクスぺリアA」は発売から約3カ月間で130万台が売れ、
    ドコモのスマホとして最速の販売ペースを記録した。

    シャープの「アクオスフォンZETA」と富士通の「アローズNX」は夏商戦で主力機種に採用されなかったが、
    電池の持続性など性能に対する評価は高く、後継機が新たに冬商戦の重点対象に加わった。

    一方、夏商戦でツートップに入った韓国サムスン電子は、「ギャラクシーS4」の販売が
    発売から3カ月間で70万台弱と伸び悩んだことなどから、冬商戦は重点販売の対象から外れる。

    関係者によると、今年の冬はギャラクシーの日本専用モデルのほか、画面サイズが通常のスマホより大きめの
    「ギャラクシーノート」の第3世代モデルをドコモに供給する見込み。

    ロイター 2013年 08月 14日 13:15 JST
    http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE97D02P20130814

    >>2以降へ続きます。


    3: アヘ顔ダブルピースφ ★ 2013/08/14(水) 14:17:07.33 ID:???0

    <シャープの業績回復に弾み、増資判断へ>

    日本の端末メーカーとの結びつきが強いドコモは、ここ数年で市場が急拡大したスマホの販売でも、
    日本メーカーを含む10機種前後(昨年の夏モデルは16機種)の端末を総花的に販売する手法をとってきた。

    しかし、今年5月に戦略を転換。この夏の商戦期では、10機種の中からソニーとサムスン電子の
    2機種だけを値引きして重点販売するツートップ戦略を採用した。

    もともと日本勢は、サムスンとアップルが席巻するスマホ市場で劣勢に立たされていたが、
    ドコモが端末を選別する方針に転換したことから、選ばれなかったメーカーは苦境に拍車がかかり、
    NECはスマホ事業から撤退することを決定。
    パナソニックは、唯一のスマホ取引先であるドコモに対し、冬商戦のスマホ供給を見送る方向だ。

    この中でドコモが、冬の商戦期で重点販売する端末を選び直したのはシャープにとって追い風。
    4―6月期はスマホ販売が一度落ち込んだが、年末から年度末にかけての最大商戦期に
    主力キャリアの後押しを受ければ、業績回復に勢いがつく。

    複数の関係者によると、シャープは4─6月期決算が計画以上に好調だったことを背景に、財務基盤の
    強化を視野に入れており、7─9月期以降の業績回復の持続性を見極めた上で公募増資に踏み切る公算だ。

    *おわり。


    【ドコモの冬商戦、ソニー・シャープ・富士通を重点販売へ サムスンは重点販売の対象から外れる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ☆ばぐ太☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★ 2013/07/18(木) 13:03:42.66 ID:???0
    ★NEC、スマホ撤退へ レノボとの携帯統合見送り

    ・NECが中国レノボ・グループと交渉していた携帯電話事業の統合を見送る見通しとなった。赤字の同事業を
     レノボ主導で立て直す考えだったが、出資比率などで条件が折り合わなかった。NECは独力での事業構造の
     維持は困難と判断、スマートフォン(スマホ)事業から撤退する。他社の手薄な従来型の携帯電話に特化し、
     携帯事業の大幅縮小で収益の改善を急ぐ。
     米アップルや韓国サムスン電子の躍進で国内勢は苦戦が続く。(抜粋)
     http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD240SI_W3A710C1MM8000/?dg=1


    画像1


    【NEC、スマホ撤退へ…携帯事業を大幅縮小し、従来型の携帯電話に特化へ】の続きを読む

    このページのトップヘ