カテゴリ: 科学

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ニライカナイφ ★ 2018/04/04(水) 21:37:35.70 ID:CAP_USER
    ◆「脳にインプラントを埋め込みテレパシーで通信する時代がもう来る」脳外科医が断言! 千里眼、瞬間移動も可能に!

    近未来SF作家でもある気鋭の脳外科医が、今後数十年で“スーパーヒューマン”が登場すると主張している。
    テクノロジーによって“テレパシー”を獲得した超人の出現は「時間の問題である」というのだ。

    ■脳とコンピュータが“常時接続”する未来

    脳とコンピュータの接続は「時間の問題です」と昨年11月の「MITテクノロジーレビュー」の記事で言及したのは、米セントルイス・ワシントン大学の脳外科医であるエリック・レアットハルト氏だ。
    脳外科医としての職務の傍ら、レアットハルト氏は近未来を占う2冊の小説と1本の脚本をこれまでに執筆。

    その目的は「社会の変化に向けた事前の心の準備のため」である。
    いったいどのように社会が変わるというのか。

    例えばレアットハルト氏の最初の近未来SF小説『RedDevil 4』(2014年)では、人類の90%が脳内にコンピュータ機器をインプラントしている。
    こうした設定も、もちろん“心の準備”のためであり、レアットハルト氏によれば今後数十年で人間の脳はオンラインでつながり、言語を介さなくとも“心”とダイレクトにコミュニケーションが可能になるという。

    「その日がいつ来るのかというだけの話です。
    その壮大な計画に費やす時間が10年であれ100年であれ、人類史における重要な進展となります」(エリック・レアットハルト氏)

    この数十年の携帯端末の進化に鑑みれば、今後20年程度で今の携帯端末は米粒ほどの大きさになるとしても全く不思議ではなく、脳に埋め込んでも生理学的な負担は格段に低くなる。
    そして脳へのデバイスの埋め込みによって、人間とコンピュータが“常時接続”し、情報のやり取りはもちろんのこと、五感に訴求する体験の共有が可能になる。
    他者の体験を容易に疑似体験できてしまうのだ。

    レアットハルト氏はこうしたインプラントを人々は整形手術やタトゥーを行う感覚で手軽に受けている近未来を確信している。
    「(デバイスが米粒ほどになれば)最小限度のインプラント手術で済ませることができて、実用的な脳=コンピュータ・インタフェースとして機能するために必要な処理が実行できます」(エリック・レアットハルト氏)

    現在のスマホでできることがすべて脳に埋め込まれた状態で活用できるとすればまさに“スーパーヒューマン”である。
    テレパシーや千里眼、意識レベルでの瞬間移動などの“超能力”を誰もが持てる時代はすぐそこまでやってきているようだ。

    ■誰もが“スーパーヒューマン”になれる時代の到来

    もちろんレアットハルト氏だけが脳とコンピュータが直接結ばれた近未来を思い描いているわけではない。
    この2月には最新型ロケット「ファルコン・ヘビー」の打ち上げと帰還を成功させて注目を集めたスペースXのCEOであるイーロン・マスク氏も宇宙開発事業の一方で、コンピュータと脳をつなぐ技術を開発する企業「Neuralink」を起業している。

    同社のプロジェクトはまさに人間の脳にコンピュータ機器を埋め込むことで、このデバイスをマスク氏は神経ひもと呼んでいる。
    この神経ひもで脳内へ情報をアップロードすることもできれば、思考内容をダウンロードすることができ、必ずしも言語化することなくダイレクトに概念のやり取りをするコミュニケーションが可能になるという。

    この非言語コミュニケーションをマスク氏は共感性テレパシー(consensual telepathy)と名付けている。
    超能力である“テレパシー”を技術的に獲得できるのだ。

    ほかにも多くの専門家が、極小コンピュータを脳に埋め込む近未来を確信している。
    脳に埋め込むマイクロチップであるブレイン・コンピュータ・インタフェース(BCI)を開発している企業、カーネルの創業者であるブライアン・ジョンソン氏は、このBCIはスマホの普及と同じように短期間で人気を博すと言及している。
    昨年末にポルトガル・リスボンで開催されたテックイベント「2017ウェブ・サミット」においてジョンソン氏は、精神活動の可能性を解き放つことで、人類は素晴らしい山の頂に到達するだろうと述べている。

    「15年から20年後に、私たちが望んでいた十分に実用的な脳デバイスを準備できることを期待しています。
    たとえば、私たちは完璧な記憶を持つことができますか? 思い出を消去できますか? 
    学習効率を上げることができますか? 脳と脳とのコミュニケーションはできますか?」(ブライアン・ジョンソン氏)

    TOCANA 2018/04/04
    http://tocana.jp/2018/04/post_16425_entry.html

    ※続きます

    ダウンロード
    【【脳科学】脳にインプラントを埋め込みテレパシーで通信する時代がもう来る 脳外科医が断言 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 紅茶飲み(゚д゚) ◆MILKTEAwJUd. @紅茶飲み(゜д゜)φ ★ 2013/11/05(火) 02:46:15.85 ID:???0
    東京大学の柴田憲治特任講師と平川一彦教授らは、
    コンピューターの消費電力を現在の1万分の1以下にできる技術を開発した。
    電子を1個だけ動かせる素子を試作し、実用的な低電圧で操作した。
    2020年を目標に演算素子の試作を目指す。

    試作したのは電子1個で演算やデータを記憶する単一電子トランジスタと呼ぶ素子。
    電子が大量に集まった川のような電流で制御していた素子を電子1個だけで制御できれば、
    消費電力を1万分の1以下に減らせる。演算速度も高まる。
    現在のコンピューターなら数万年かかる計算を数時間でこなせるようになる。

    今回、直径2万分の1ミリメートル以下の微小な半導体の粒と、
    粒の表面の深さ100万分の1ミリメートルだけ帯電できる特殊な液体を用いた。
    約0.5ボルトの電圧で1個の電子だけを半導体の粒に出し入れできた。
    詳細は英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(電子版)に掲載した。

    11/4 18:23
    http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG02006_U3A101C1TJM000/

    no title

    【東大、コンピューター消費電力を1万分の1以下にできる技術を開発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ( ´`ω´) ◆ChahooS3X2 @ちゃふーφ ★ 2013/10/25(金) 22:14:52.10 ID:???0
    空飛ぶ車と言えば、数年以内の販売が予定されているテラフージア社の「トランジション」が
    思い出されるが、今回は、スロバキアで開発が進められている空飛ぶ車のプロトタイプ
    「Aeromobil 2.5」が初のテスト飛行を行ったときの映像をご紹介しよう。

    「Aeromobil」はつい最近登場したように思われるかもしれないが、実は製造元のAeromobil社の
    共同設立者兼チーフデザイナーであるステファン・クライン氏が、20年もの歳月をかけて
    開発してきた車だ。今回テスト飛行を行ったAeromobil 2.5はAeromobilの第3世代のプロトタイプであり、
    1990年に開発された初代のAeromobil 1.0に比べると、外観は大きく変わり、より洗練された印象だ。
    折り畳み式のウィングは、地上走行時はボディ後方に格納され、空を飛ぶ際には広がる仕組みになっている。

    Aeromobil 2.5は、スチール製フレームとカーボンファイバー製ボディを組み合わせた構造で、
    車両重量はわずか450kg、ロータックス製912エンジンで駆動するプロペラがリヤに搭載されている。
    最高速は、飛行時で124mph(200km/h)以上、地上走行時は100mph(160km/h)以上とのことだ
    (Aeromobil社は正確な数値を発表していない)。最大飛行距離は430マイル(700km)、
    地上での最大走行距離は310マイル(500km)となっているという。

    それでは早速、テスト飛行の模様をご覧いただこう。またフォトギャラリーで、Aeromobil 2.5の
    画像とAeromobil 3.0のレンダリング画像をチェックするのもお忘れなく。

    http://jp.autoblog.com/2013/10/24/slovakian-aeromobil-flying-car-first-flight/

    動画: http://www.youtube.com/watch?v=ow6ybXBF9AU



    no title

    【 “20年かけて開発” 空飛ぶ車が初のテスト飛行…スロバキア(動画あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ぽてぽんφ ★ 2013/10/03(木) 13:17:47.56 ID:???0

    昭電の産業ロボ向け磁石合金、中国産の希少材料不要に
    昭和電工はレアアース(希土類)の一種、ジスプロシウムを使わない産業用ロボット向け
    磁石合金を開発した。高価なジスプロが不要になり磁石合金の価格を約3割安くできる。
    中国産レアアースの使用量削減で需給が緩和すれば、まだジスプロを必要とするハイブリッド車
    (HV)向け高性能磁石の価格低下にもつながりそうだ。
    ジスプロは磁石の耐熱性を高めるため、ネオジムや鉄などからつくる磁石合金に添加する。
    添加率を上げると耐熱性が高まる。産業用ロボットのモーターに組み込まれている磁石は、
    重量ベースで3.5%程度のジスプロを含む。特殊な熱処理で結晶構造を変えることで、
    ジスプロをゼロにした磁石合金を初めて量産できる体制を整えた。
    昭和電工によると、ネオジムや鉄を主原料にした高性能磁石の2013年の世界生産量は
    2万3千トンの見込み。16年には高性能磁石の世界生産量に占める産業用ロボット向けの比率は
    3割強の約1万5000トンにのぼると予想されている。これに比例して磁石合金の市場も拡大する。
    昭和電工が今回開発した磁石合金の採用拡大で、9割が中国産といわれるジスプロの
    需給も緩和する見通し。その結果、現時点では添加率が6~8%と高く、
    まだジスプロをゼロにできていないHV向けの高性能磁石の価格も下げることができる。
    ジスプロの価格は1キログラム当たり6万~7万円。鉄(同100円前後)やネオジム(同1万円前後)
    を大きく上回る。産業用ロボット向け磁石合金の価格は1万円弱。
    今回、昭和電工が開発した磁石合金を使えば3割程度安くなる。今後も風力発電機や産業用ロボット向けを
    中心に高性能磁石の需要が高まるとみて、来春にも秩父事業所(埼玉県秩父市)で量産を始める。
    高性能磁石合金で世界シェアの約25%を持つ同社は現在、耐熱性のより高い磁石合金の研究を進めている。
    日立金属は2%添加相当の磁石を販売し、さらに多くのジスプロをゼロにできる技術を研究しており、
    磁石メーカーもレアアース削減を急いでいる。
    http://www.nikkei.com/article/DGKDZO60542350T01C13A0TJ2000/

    no title

    【 中国産の希少材料(レアアース)が不要に。 昭和電工が新しい磁石合金を開発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: そーきそばΦ ★ 2013/09/19(木) 20:42:08.89 ID:???0

    防衛省は、レーダーで捉えにくいステルス性能を持つ最新鋭戦闘機を探知するレーダーの研究開発に本格的に乗り出す。

     中国やロシアがステルス性能に優れた戦闘機の開発を進めていることを踏まえ、日本の防空態勢を強化する必要があると判断した。
    2014年度予算の概算要求に研究費37億円を盛り込んでおり、10年後の実用化を目指す。

     レーダーに探知されにくいステルス機は、相手に探知されないうちに接近し、攻撃できることから、
    ステルス性能は「第5世代機」と呼ばれる最新鋭の戦闘機開発の焦点となっている。
    中国は戦闘機「J(殲)20」の開発・製造を急いでおり、米政府の調査・分析では、
    25年までに200機程度配備する可能性があるという。ロシアも「T50」の開発・量産化を急いでいる。

     これらの周辺国のステルス機に対し、「専守防衛」を掲げる日本は、防空の要として、
    ステルス性能を持つ戦闘機を早期に発見し、警戒監視するレーダーの能力を研究・開発する。

    読売新聞 9月19日(木)14時56分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130919-00000817-yom-pol
    2013/09/19(木) 15:00:21.36
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1379570421/

    画像1

    【ステルス機が丸見えになる技術開発へ-防衛省】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: アヘ顔ダブルピースφ ★ 2013/09/15(日) 23:56:06.32 ID:???0

    「テレビゲームが高齢者の脳を活性化」 米大学の研究論文、「ネイチャー」に掲載

    米国の研究チームが、車を運転するテレビゲームを高齢者にやらせたところ脳の認知力が改善したとの結果をまとめた。
    過去にも、ゲームが高齢者の脳に効果があったとの研究内容が発表されている。
    娯楽として楽しむだけでなく、今後の高齢化社会でゲームが重要な役割を果たすかもしれない。

    複数の作業を同時にこなす「マルチタスク能力」改善

    米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)のアダム・ガザレイ博士が率いる神経科学の研究チームは、
    高齢者の脳にゲームが与える影響に関する論文を英科学誌「ネイチャー」2013年9月5日号で公表した。
    被験者は60~85歳の46人で、4週間にわたって計12時間「ニューロレーサー」という3Dのカーレースゲームをやらせた。
    プレーヤーはパソコンの画面に映し出される車を、コントローラーで操作して正しく動かす。
    「運転中」に風が吹いたり、坂道をクリアしたりする。画面上に特定の色や形をした「サイン」が現れたら、
    右手の指でコントローラーを操作して消さなければならない。
    こうした動きで実生活に必要な集中力、臨機応変な対応力、記憶力を試験した。

    ゲームのように複数の作業を同時にこなす「マルチタスク能力」は、加齢によって劣化するのが常。
    だが4週間の実験の結果、被験者の点数はゲームをプレーしなかった20代よりも高く、
    マルチタスクのレベルは6か月後も維持されていたという。
    ニューロレーサーは、ガザレイ博士のチームが特別に開発したゲームだ。
    ネイチャー誌では、この実験により、適切に設計された訓練方法があれば、
    加齢で衰えた認知力を改善できる可能性があることを示したとしている。

    J-CASTニュース 2013/9/15 16:00
    http://www.j-cast.com/2013/09/15183203.html

    >>2以降へ続きます。


    2: アヘ顔ダブルピースφ ★ 2013/09/15(日) 23:56:29.48 ID:???0

    *続きです。

    類似の研究はほかにもある。米アイオワ大学では、別のテレビゲームで実験した。
    2013年5月6日付のAFP通信の記事によるとゲームは、プレーヤーが、
    最初の画面で道路標識や車の絵が短時間表示されている間に絵柄を覚え、
    次の画面で出てくる選択肢のなかから2つを当てる「ロードツアー」というもの。
    正答率が低いと次のレベルに進めず、段階を追って難しくなる。

    被験者は、「ロードツアー」を続けたグループと、電子版のクロスワードパズルをやらせたグループに分けた。
    1年後の再測定で、最低10時間ロードツアーをプレーした組の認知能力は3歳、14時間の組は4歳、それぞれ若返ったという。
    クロスワードパズルのグループと比較すると、認知能力は1.5歳~7歳近くも若返りを見せたそうだ。
    論文は米科学誌「プロスワン」に掲載された。

    *続きます。


    3: アヘ顔ダブルピースφ ★ 2013/09/15(日) 23:56:45.97 ID:???0

    *続きです。

    「ゲームが万能薬だと考えてはならない」

    海外の医療事情に詳しい専門紙の記者に取材すると、
    「科学的なエビデンスが十分積み上がっていないと、数本の論文だけで結論を出すわけにはいきません」と前置きしたうえで、
    「論文が、権威のあるネイチャーやプロスワンに掲載されている事実を踏まえると、研究の成果に一定の信頼があると考えられます」と話す。
    いいかげんな内容の論文なら審査段階で落とされるし、教育機関や国が補助金を支給せずに研究自体がとん挫しているはず、というわけだ。
    事実、2008年には米イリノイ大学で、あらかじめ「研修」を実施した60~70歳の被験者が、
    自力で都市を建設する複雑なシミュレーション型テレビゲームに挑戦したところ、
    「研修なし」のグループより記憶力や推理力、変化したものを特定する能力が改善したという研究結果もあった。
    「テレビゲームと高齢者の脳」は、全米の複数の研究機関で数年にわたって取り上げられているテーマなのだろう。

    ただ、「ネイチャー」でガザレイ博士が「ゲームが万能薬だと考えてはならない」と警告しているように、
    どんな種類のゲームでも高齢者の認知力を改善するわけではない。
    専門紙の記者も、ガザレイ博士の実験で使われた「ニューロレーサー」が「特注」だった点を指摘し、
    「試験結果を導くためにプログラムされており、市販されているゲームとは違う」と話す。
    しかし裏を返せば、「ニューロレーサー」の要素を取り込んだ類似のゲームを開発すれば、さらなる成果が期待できるかもしれない。

    従来はチェス、日本なら囲碁や将棋といったボードゲームが高齢者の「脳トレ」になると言われていた。
    これからはテレビゲームが、脳の活性化にひと役買う時代になる可能性はある。

    *おわり。

    no title

    【「テレビゲームが高齢者の脳を活性化」 米大学の研究論文、「ネイチャー」に掲載 「マルチタスク能力」改善】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ハマグリのガソリン焼きφ ★ 2013/08/15 10:22:22

     東京大の古澤明教授らの研究チームが、光の粒子に乗せた情報をほかの場所に転送する完全な「量子テレポーテーショ
    ン」に世界で初めて成功したと発表した。

     論文が15日付の英科学誌ネイチャーに掲載される。計算能力が高いスーパーコンピューターをはるかにしのぐ、未来の
    「量子コンピューター」の基本技術になると期待される。

     量子テレポーテーションは、量子もつれと呼ばれる物理現象を利用して、二つの光子(光の粒子)の間で、量子の状態に
    関する情報を瞬時に転送する技術。1993年に理論的に提唱され、97年にオーストリアの研究者が実証した。しかし、
    この時の方法は転送効率が悪いうえ、受け取った情報をさらに転用することが原理的に不可能という欠点があり、実用化が
    進まなかった。

     光は粒子としての性質のほか、波としての性質を持つ。古澤教授らは、このうち効率がいい「波の性質」の転送技術を改
    良することで、従来の欠点を克服、これまでの100倍以上という61%の高い成功率を達成した。

     ◆量子もつれ=光子など二つの粒子が一体としてふるまう物理現象。送り手と受け手に光子を一つずつ配り、送り手が光
    子を操作すれば、その瞬間に受け手の光子も相互作用を受ける。SFに登場する大きな物体の瞬間移動とは異なる。

    (2013年8月15日10時11分 読売新聞)
    http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130815-OYT1T00283.htm

    no title

    【東大、完全な「量子テレポーテーション」に初めて成功】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: そーきそばΦ ★ 2013/08/05(月) 02:01:58.67 ID:???0

    空が明るくなり始めた4日午前4時48分、轟音(ごうおん)とともに高さ56.6メートルの巨体がゆっくりと上がり、
    閃光(せんこう)を放ちながら南東の空へ消えていった。闇の世を照らす光明のようで、神々しくさえ感じられた。

     国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運ぶ「こうのとり」4号機を搭載したH2Bロケット4号機が、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。
    15分後、こうのとりを第2段から分離。予定時間とのずれはわずか2秒で、ほぼ計画通りの飛行をこなし、日本の技術水準の高さを示した。

     分離の直後には、種子島上空をISSが真っすぐに通過する姿が目撃された。星のような白い点にしか見えないが、
    打ち上げ成功を祝福するかのような絶妙な“演出”だった。

     視察した山本一太宇宙政策担当相は会見で「天気がよく6分以上ロケットが見え、ラッキーだった。
    時間の正確さは世界にも例がない強みだ」と興奮気味に語った。

     H2Bの打ち上げ業務は宇宙航空研究開発機構(JAXA)が行ってきたが、今回から三菱重工業に移管された。
    同社の関係者は「H2Aと合わせて20回連続成功の節目にふさわしい、実に美しく、完璧な打ち上げだった」と語り、
    しみじみと空を見上げた。(草下健夫)

    ソース 産経新聞
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130804-00000558-san-sctch
    無人補給機「こうのとり」4号機を搭載し、打ち上げられるH2Bロケット4号機=4日午前4時48分、鹿児島県の種子島宇宙センター
    http://sankei.jp.msn.com/images/news/130804/scn13080413350003-p4.jpgno title

    上昇するH2Bロケットの軌跡。エンジンから噴射される炎が明け方の空に弧を描いた=4日午前4時48分から4分間露光、鹿児島県・種子島宇宙センター(魚眼レンズ使用)
    http://sankei.jp.msn.com/images/news/130804/scn13080413350003-p8.jpgno title



    【H2Bロケット発射 闇の世を照らす光明のようで、神々しくさえ感じられた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 00:00:42.82 ID:lk/6uzIM0
    エヴァならN2爆薬があったけど

    ガンダムでも
    幽遊白書でも
    最強扱いだったし

    画像はツァーリボンバー
    画像1

    【核より凄い爆弾ってないの?】の続きを読む

    このページのトップヘ