画像1

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 20:06:02.28 ID:1UldBz5w0
木戸孝允は毛利元就の子孫



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 20:08:21.33 ID:1UldBz5w0
お前ら頼むよ!

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 20:10:02.92 ID:enEcgjTK0
日本史苦手だわ

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 20:10:24.38 ID:sHniLFBv0
今の大河の山本八重は山本勘助の子孫



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 20:12:51.29 ID:1UldBz5w0
>>4
絶対違うだろ

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 20:14:33.78 ID:sHniLFBv0

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 20:15:42.72 ID:1UldBz5w0
>>7
マジかよ。知らなかったわ

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 20:13:26.84 ID:7YUWhaQF0
前田慶次の本名は
前田慶次郎利益



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 20:15:41.59 ID:jrS51TWU0
今の日本人 「仏より神のが偉いんじゃね?」
鎌倉時代 「神より仏だわ」

渡会家行が伊勢神道を説いてから神>仏と日本人は思うようになった

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 20:16:36.58 ID:1UldBz5w0
吉田松陰の一人称は僕

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 20:19:10.70 ID:4ZgLn3Ks0
東郷平八郎は若い頃イケメン

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 20:21:40.26 ID:9nvS0DN50
男社会じゃなくて女社会だったんだよな
女の方が偉かったんだよ

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 20:22:41.09 ID:1UldBz5w0
>>12
いつの話?(´・ω・`)

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 20:27:10.96 ID:2+j+pfaHP
生類憐れみの礼には
捨て子や中絶が減った正の側面もある

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 20:29:47.68 ID:555PVIuS0
>>14
それ有名すぎるだろ
教科書にも載ってる

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 20:35:41.49 ID:2+j+pfaHP
>>18
オジサンの頃は載ってなかったよ

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 20:27:31.37 ID:tWVqJ7Qm0
伊達正宗は高野豆腐を研究開発した

あと日本史とずれるかもだけどSWのダースベイダーの黒い鎧?は正宗の甲冑がモデル



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 20:28:15.22 ID:jrS51TWU0
法隆寺夢殿救世観音像の後光は後頭部に釘で打ち付けられていて聖徳太子の呪いがかかってるとか



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 20:35:27.66 ID:JiA87tIr0
まぁ諸説あるけど
日本は1905年から2006年までモンテネグロと戦争していた



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 20:42:12.01 ID:1UldBz5w0
>>19
日露戦争で交戦したことになってたんだっけ

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 20:50:55.26 ID:JiA87tIr0
>>23
そう
なぜかポーツマス条約に居合わせなかったからなし崩しで戦争続行
2006年で正式な終戦が執り行われるまで百年近く戦争してることになったという珍事

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 20:40:26.48 ID:X4gDMgknP
四条天皇
イタズラしようと滑る石を道にばらまいたら自分が滑って怪我して死亡。



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 20:41:40.15 ID:SFAY7d920
伊勢神宮が伊勢市にあるのは当時一番日の出が早い場所(かつ神社を建てられる場所)が
伊勢市だと考えられていたので、太陽神である天照大神を奉るのに良いとされた

そして草薙の剣が収められている熱田神宮が
当時の戦線の最東端でそこより東は「何かよく知らん未開の地」扱いだった



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 20:54:50.97 ID:AUiKMg1t0
龍馬の姉はかなりの巨漢



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 20:57:56.56 ID:kcOqoIpJO
藤原広嗣は超絶イケメンリア充だったが性格はうんこだった



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 20:58:42.70 ID:gXJf7jY30
天草の乱では内通者1人以外3万7千人皆殺し
手柄を立てるために生首を半分にかち割ったりしてた。



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:00:31.83 ID:1UldBz5w0
>>27
島原の乱の時の幕府ってかなり残虐だよな。あそこまで殲滅する必要あったんだろうか

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:06:01.68 ID:gXJf7jY30
>>28
かなりてこずったからなあ。見せしめ的な意味があったのかも。
めちゃくちゃ厳しい年貢の取り立てしててそれが乱の原因だったらしいけど、その取り立てを指示してた藩の偉い人は江戸時代で唯一斬首に処せられた武士らしい。

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:07:07.26 ID:sTXufpIIO
>>28
宗教勢とは中世以来さんざん揉めてるかんね。下層民と信仰が結び付く怖さは身に染みてんだろう。
寺請制度でようやく寺院の牙を抜き取ったってのに、さらに強烈なキリスト教が入り込んでくるなんてのは、為政者側からしたら悪夢だったろうよ。

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:13:06.66 ID:T3vtoiwK0
>>28
天草四郎が豊臣秀吉の孫だったみたいな説がテレビでやってたがまず違うだろう
マジレスするとイエズス会とかキリスト教は当時の宗教の負の側面も大いに持っていて
長崎を日本から奪おうとしてたり女子供を奴隷として国に売り飛ばしていた
だから当然と言っちゃ当然の弾圧だけど罪のない教徒が割を食った

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:03:09.99 ID:jgq0DR8l0
>>38
宣教師が奴隷貿易に関わっていたという根拠はまったくないけどな
スペインの商人が日本人の奴隷を買っていたというのは史料に残っているけど
売られていったのは、ほぼ成人の男のみ

女子供は長い航海に耐えられないから買い手がほとんどいなかった

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:02:41.62 ID:X+cTPtAo0
有名な話だとは思うけど名君として有名な上杉鷹山は忠臣蔵の吉良上野介の曾孫にあたる



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:08:38.65 ID:U1M1TYSE0
>>29
上杉家は吉良家から養子とってるんだっけ
でも一応鷹山にはほんの少し景勝の血も入ってるはず

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:06:31.77 ID:3CeH94tF0
高野山では今なお空海は禅定し続けているとされている



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:07:52.80 ID:T5hTfJ030
応仁の乱で戦った細川(京兆家)と山名
その子孫は大坂の陣で同じ豊臣軍として一緒に戦った



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:11:22.58 ID:TeXZUzWR0
土方歳三の歳三は「としぞう」なのか「さいぞう」なのか実は分かっていない。

司馬が勝手に「トシ」って言いだして定着しちゃった。



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:16:29.29 ID:7OkcNmZ80
>>36
佐久間象山も「しょうざん」なのか「ぞうざん」なのか謎だよな
あと浅井も。あざいなのかあさいなのか

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:13:52.67 ID:u3zLC/ODO
大久保利通の父親の落とし種の子孫がトイレの神様



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:14:28.71 ID:cXFTIA/r0
板垣退助の最後の言葉は板垣死すともではなく
痛い医者を呼んでくれ

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:15:55.43 ID:T3vtoiwK0
>>40
最期じゃねえ
ちなみに後日板垣は襲撃した犯人を許した

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:18:28.75 ID:cXFTIA/r0
>>41
ちっ

犬養の最後は話せばわかる話せばわかる

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:16:51.10 ID:AR2tF6Z+0
安重根に殺された伊藤博文最期の言葉は
相手が朝鮮人だと知って
「俺を撃つとはバカなやつめ」

朝鮮併合に反対だったんだよな



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:17:50.46 ID:T5hTfJ030
>>43
安重根はインテリ崩れの明治天皇信者だった

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:21:37.23 ID:1UldBz5w0
>>44
安重根はかなり疑問多いんだが…
伊藤暗殺の理由のひとつに、「伊藤が孝明天皇を暗殺した」ってのがあるけど、安はどっからその話聞いたんだろうか

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:18:50.35 ID:4D+ok6oV0
子孫祖先に関しては江戸期に相当捏造が発覚したからなあ
また婚姻や容姿縁組でグチャグチャだし
その流れでいうと創価学会のかつての大物の北条某は家柄は北条早雲家で血統は伊達政宗系

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:24:35.12 ID:baIpY6f00
>>46
その点、島津家は凄いよな。他家から養子とってないから、今の島津家当主はれっきとした鎌倉時代以来の島津家の子孫だし

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:25:52.35 ID:4D+ok6oV0
>>62
黒田や蜂須賀に謝りなさい
ちなみにその島津の息子はわざわざ八戸南部まで養子にいったよな
実際は在江戸の息子だからずっと江戸にいたんだろうけど

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:18:52.55 ID:TB4aPWjk0
500年後、俺が日本史に載る

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:19:11.86 ID:bshOVRkc0
藤堂高虎の父の名は藤堂虎高

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:20:45.59 ID:u3zLC/ODO
木戸孝允
新撰組に捕まりそうになったときウンコをするふりをしながら無事逃げ切った

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:21:03.35 ID:AR2tF6Z+0
聖徳太子は実在しなかった説ってどのくらい有力なんだろう

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:22:13.29 ID:T3vtoiwK0
>>51
一般に言われてるような人物像ではないにしても
実在はしただろう
功績が数人の物を一人として扱ってるだけで

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:22:17.30 ID:s1P1POmT0
徳川家康の遺産≒win95



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:22:41.17 ID:X+cTPtAo0
孝明天皇暗殺って岩倉具視じゃなかったのか



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:23:09.94 ID:kZM7PAp/0
信長の鉄砲三段打ちも桶狭間の奇襲も創作



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:25:32.10 ID:baIpY6f00
>>56
明智光秀「敵は本能寺にあり!」←これも創作らしい

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:28:00.60 ID:JiA87tIr0
>>63
実際は実行寸前まで兵士には黙秘してたらしいね
まぁ正直に行ったら大半は逃げるから当然の措置だけど

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:24:10.11 ID:gXJf7jY30
あと戦国時代男色は普通だったとか聞いたことがある

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:24:12.63 ID:u9HN3zeKO
一向一揆で有名な浄土真宗は、実は教団が率先したわけではなく門徒衆の政府への不満で勃発した
あまりの勢力の為に教団では静められなかったのが事実で、実際に門徒衆には豪族や権力者がいて、でかくなりすぎた教団は小回りがきかず抑止できなくなくっていただけ

天皇家と大谷家は血縁であり、いまだに国から政治利用される立場でもある


開祖である親鸞は親鸞以前の仏教教団が政治と繋がっているのを知っていたのと、組織は腐敗すると解っていたので教団は組織していない
浄土真宗は親鸞没後に組織化されたのが事実



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:24:17.23 ID:4K3gzN5G0
武田信玄は死ぬ間際に息子たちにいざとなったら上杉謙信を頼れといった。

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:25:40.34 ID:/VGw+P8N0
赤穂浪士の中に孟子の子孫がいた

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:26:27.13 ID:u3zLC/ODO
伊達政宗はどM
自分の身体を切って嘘を付いていないことを証明していたとか

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:26:56.08 ID:qt88pJs9P
井上馨は幕末期に刺客に襲撃され全身膾切りにされ重傷を負い50針以上縫う手術により命を取り留めているが
五寸釘ほどもある針で縫わなければならないほどの有様だったとか



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:28:44.85 ID:3CeH94tF0
東京神田で万歳したら一つの内閣が倒閣した

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:30:25.27 ID:1kt5yAzg0
文永の役の時に神風が吹いて日本が有利になった、というのはガセ
神風は元の撤退中に起こった

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:31:29.22 ID:jrS51TWU0
>>71
元の一番の敗因は馬上戦闘が得意だったのに馬を連れてきていなかったことなんだと聞いた

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:41:03.83 ID:1kt5yAzg0
>>72
そりゃ、船じゃそんなに大量に馬なんて運べないだろうしな……
あと、矢も足りないとか言ってたから純粋に継戦能力が確保できてねえ
というか長引きすぎた

>>79
国がなくなってたからねw
それをいい事に、アメリカの船がこっそりオランダ国旗掲げて出島に入ってたりしたらしい

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:34:38.28 ID:T3vtoiwK0
>>71
よく元寇の絵画として竹崎季長の絵が出されるけど
あの場面は元軍を押し返してる場面だったりする
江戸時代に鎖国を進めるために一部分だけ取り上げられて伝えられたためだとか

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:31:50.12 ID:u3zLC/ODO
井上馨の聞多時代
英国公使館焼き討ち際、火を直接つけた井上は炎が燃え上がるのをきちんと確認してから逃げた
共にいた伊藤博文はつけると直ぐに逃げた



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:33:02.30 ID:X+cTPtAo0
本能寺襲った兵士が残した話の中で「家康が本能寺にいるからそれを討て」と命令されてたってのがあるとか
信長を討てという命令を発せず末端の部下を騙してた可能性もある

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:35:27.35 ID:1UldBz5w0
一番最近まで生きていた幕末の志士は田中光顕
元土佐藩士で、1939年に96歳で死去
龍馬や高杉晋作にも会ってる



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:36:49.49 ID:4D+ok6oV0
>>76
志士じゃないけど藩主は浅野が戦中、分部が戦後まで生きてなかったけか

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:44:35.25 ID:1UldBz5w0
>>78
浅野長勲は1936年、分部は1944年に死んでる
一番最後まで生きてた藩主は林忠崇で1941年死去

348: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 00:16:16.21 ID:jSTwFw+30
>>76
明治維新の71年後まで生きてたって凄いよな

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:35:45.89 ID:AR2tF6Z+0
ベトナムの通貨の単位は「ドン」
ベトナム人は外国との貿易を銅銭でしていたから、銅→ドン
その銅銭というのが、実は日本から輸出したもの
江戸時代に入る前は意外と日本と交流が深く、日本人街もあった

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:37:12.27 ID:3CeH94tF0
オランダは一時期世界中に領土が出島の部分のみという時代があった

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:42:59.58 ID:X+cTPtAo0
孫権の呉も日本に人狩りに来ようとして散々な目にあってるし大陸にとって日本は鬼門だな
日本から大陸に侵攻しようとしてもたいてい悲惨なことになってるけど



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:44:48.59 ID:T3vtoiwK0
>>83
遣唐使とか鑑真とか見てもわかるけど
あの程度の距離の航海だって命がけだからな
島ってのはそれだけで天然の要塞

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:44:36.15 ID:u3zLC/ODO
藤原家関係で何かない?

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:46:52.08 ID:T3vtoiwK0
>>85
伊勢神宮のトップは藤原家の子孫

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:44:53.98 ID:3CeH94tF0
縄文時代の人口は大体9:1で東日本のほうが圧倒的に多い



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:49:28.82 ID:baIpY6f00
>>87
三内丸山遺跡とか凄いもんな
青森があんなに発展してたなんて
奥州藤原氏の時代は岩手が発展してたし

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:52:19.24 ID:T3vtoiwK0
>>92
田舎と都会の差が著しくなったのはここ100年ぐらいの間
東北だったら特に東京に人口を吸い取られて衰退しているんだろう

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:46:14.59 ID:qt88pJs9P
元寇の文永の役で元軍を追い返したあとに「報復に今度はこっちから攻め込んでやろうぜ」と朝鮮半島に攻め込む計画が立てられ準備を進めていたが
防塁も完成してないのに出兵なんてできないでしょという感じで計画倒れになり取りやめになった



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:46:32.81 ID:TeXZUzWR0
実家の物置から出てきた大正時代頃の元寇絵巻では、まだ神風壊滅説になってるな。
この説が否定されるようになったのはここ最近だっけ?

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4348351.jpg

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:50:16.02 ID:X+cTPtAo0
>>89
凄いねよく残してあるな

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:50:09.40 ID:gyd0pkUT0
齋藤道三は槍を竹筒に入れて大事に保管していた
マジピカピカ

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:55:56.64 ID:efeRSd8k0
大正天皇の死亡原因は梅毒

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:58:41.28 ID:q2BKygTg0
山本権兵衛って46歳で海軍大臣になったらしいけど、これより若く大臣になった例ってある?

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 21:59:11.87 ID:44VVJTUk0
江戸生まれ最後の首相は鈴木貫太郎

帝国議会で倒閣だなんたらで大荒れしてた時に煙草すって新聞読んでた。
ルーズベルトが死んだ際に敵ながら天晴れ的なニュアンスのメッセージ発信して、無茶苦茶に罵ったヒトラーと対比された。
戦争が集結したあとにもう軍人が政治に関わってはいけないといった。

東京大学出身初の首相は鳩山由紀夫(それ以前は東京帝国大学)



123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:11:38.23 ID:1UldBz5w0
>>103
鈴木貫太郎って何気に日露戦争でも活躍してるんだよな。秋山真之と同い年だし
そんな老人が終戦工作を成功させた総理ってのが日本史の面白いところだわ

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:03:09.54 ID:X+cTPtAo0
「東海林」と書いて「しょうじ」さんと読む苗字は
昔「東海林」さんが荘司の役職に就いて役職の読みがそのまま姓の読み方に定着してしまったから



113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:06:03.44 ID:FJ0SL5PX0
武田信玄が高坂昌信に書いたラブレターが現存している



114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:06:32.54 ID:RC+DDPWB0
西郷隆盛の愛人のあだ名は「豚姫」



116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:07:34.82 ID:/4Twjq9N0
西郷さんは会津の西郷さんと苗字が同じでほっこりした

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:09:46.70 ID:rrsJrhkQO
>>116
ていうか遡れば同族

廃藩置県を始めた一番最初の時は3府302県あった

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:08:57.18 ID:TOqvdIF20
信長は総大将でありながら前線で戦ってた



122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:11:27.09 ID:FJ0SL5PX0
羽柴秀吉が男色に興味がないのか確かめるために家臣が絶世の美少年を小姓として薦めた
秀吉は感激して小姓に聞いた「そちに姉はおるか?」

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:13:05.00 ID:TOqvdIF20
秀吉は晩年信長の幻影を見て失禁したらしい

128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:13:49.18 ID:cz1yI01G0
県庁所在地が県名と一致してないのは官軍じゃなかったから
ってのは本当?

148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:28:28.51 ID:HV1Ta2SC0
>>128
司馬遼太郎が本に書いてたな

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:14:45.18 ID:3CeH94tF0
帝国軍人の中には戦後現地に残って解放戦争に参加したものも多い



133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:18:11.47 ID:1UldBz5w0
>>129
インドネシア独立戦争に結構日本人が参加したらしいな
教科書とかに載せて欲しいわ

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:14:58.25 ID:Cr4YKOlI0
法隆寺には建設当時に書かれたちんちんの落書きがある

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:19:25.27 ID:Hq0+RAIB0
法隆寺の落書きで思い出した

修学旅行生の落書きが問題になったが、
遥か昔から巡礼者はお堂などに月日・出身・名前などの落書きをしていた
お札を釘で打ち付けたりもしていた
今となってはそれも貴重な史料

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:20:17.02 ID:qt88pJs9P
八甲田山遭難事件の生き残りの倉石大尉は東京土産のゴム靴をオシャレだからと履いて訓練に参加したおかげでピンピンしてたが日露戦争で戦死した



138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:21:47.41 ID:Cr4YKOlI0
郡山八幡神社から発見された木片に書かれた
「凄いケチな施主で焼酎一つおごってくれねえ、すげえがっかりした」
という文章

これが日本で最も古い焼酎が存在したことを示す資料



146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:27:03.86 ID:5hGfb9V90
>>138
どこですかそれ?鹿児島県大口市?

150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:29:23.32 ID:Cr4YKOlI0

155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:37:24.08 ID:5hGfb9V90
>>150
サンクス。今は伊佐市なのね。

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:23:00.16 ID:2CqfzAGN0
信長と利家はホモ

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:24:05.16 ID:3CeH94tF0
連合国勝利の立役者でインパール作戦(ジンギスカン作戦)大失敗でよく知られる牟田口廉也
彼が戦後開いたお店の名前は「ジンギスカンハウス」



144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:25:12.47 ID:44VVJTUk0
>>142
煽りすぎだろwwww

143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:25:07.43 ID:TOqvdIF20
家康は大久保長安の遺体を掘り起こして晒し首にした



149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:28:30.43 ID:RC+DDPWB0
靖国ができた理由の一つに、駿河に帰れなくなった赤心隊に参加した浅間神社の神官の
受け皿というのがある。



157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:37:49.77 ID:u3zLC/ODO
>>149
靖国神社には坂本龍馬や吉田松蔭たちが奉られてるってマジなの?

165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:46:01.39 ID:1UldBz5w0
>>157
マジだよ
西郷さんは祀られてない

151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:31:08.56 ID:jrS51TWU0
日本が日米修好通商条約の調印を拒否したらアメリカは戦争を仕掛けるつもりだったらしい
井伊直弼はそうなるのを回避するために調印したとかなんとか



154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:36:34.27 ID:1UldBz5w0
>>151
むしろ現場でギリギリまで頑張ったのは岩瀬忠震
アロー戦争とかの影響もあって、あの状況でアメリカと条約結んだのは正解だったな

152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:33:06.92 ID:3CeH94tF0
硫黄島の戦いで戦死したロス5輪金メダリストバロン西(馬術‐現在まで日本の馬術競技唯一のメダル)
は有名だが同時にロス五輪水泳100m自由形銀メダリストの選手も戦死している



153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:33:56.23 ID:D5muJn6YO
日本の指名手配写真制度を確立した江藤新平だが
自分がその第1号になり後に検挙され首チョンパされた



158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:38:26.93 ID:AR2tF6Z+0
ワシントンDCの桜を工事のため切り落とす計画があったが
地元民はこの日本から贈られてきた桜の樹をこよなく愛し
自分の体を幹にしばりつけるなどして抗議したため、工事は中止になった

ということが、太平洋戦争真っ最中に起こった



160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:42:20.02 ID:BUFjvySU0
北海道のアイヌは義経を神として信仰していた



169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:47:11.85 ID:KuMLxxH60
伊藤博文は超がつくほど処女厨だった
とにかく処女を貫通するのが大好きだった

171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:49:20.92 ID:qt88pJs9P
風船爆弾は実戦で使用された兵器として史上最長の距離を記録した兵器であり史上唯一大陸間攻撃を成功させた兵器でもある



172: 上からま○こ ◆l.v.b/RMZD06 2013/07/18(木) 22:50:51.09 ID:n1jny8V70
>>171
わが母校が日本有数の風船爆弾の生産地だった

173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:51:39.94 ID:RC+DDPWB0
風船爆弾の材料はこんにゃく

174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:52:26.39 ID:HV1Ta2SC0
風船おじさんは兵器ではない

175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:53:01.37 ID:1UldBz5w0
伊藤博文は志士時代、勝手な思い込みで人を殺したことがある
暗殺されたのは、『 群書類従 』で有名な塙保己一の子の塙次郎



177: 忍法帖【Lv=37,xxxPT】(1+0:15) 2013/07/18(木) 22:56:04.95 ID:erVHttyF0
立花道雪、宗茂の家臣小野鎮幸の子孫はオノ・ヨーコ
蒲池鑑盛の子孫は松田聖子



182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:57:21.52 ID:44VVJTUk0
加山雄三は岩倉具視の子孫

これ知った時なぜか爆笑してしまった



191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 23:01:00.31 ID:1UldBz5w0
>>182
加山雄三のお母さんの小桜葉子の旧姓が岩倉なんだよな

183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 22:57:31.30 ID:3CeH94tF0
日本の家系で天皇家は最長だと思われるが
出雲国造(千家・北島)も同じくらい古い



199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 23:04:43.71 ID:doX7VvCY0
浅野と伊達の断絶は平成の世まで続いた



203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 23:06:23.05 ID:qt88pJs9P
生麦事件は言葉の分からない外国人が大名行列を横切ろうとして無礼な奴めと斬り殺された事件だと描かれることが多いが
実際は馬に乗ったまま行列の中に逆走状態で突っ込み大名駕籠のすぐ近くまで行ったところで「あれこれひょっとしてヤバくね?」と気が付き引き返そうとしたところで
ついに藩士たちが抜刀し斬りかかり1人が逃げ遅れ斬り殺された事件である



210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 23:08:54.52 ID:AR2tF6Z+0
>>203
ってことはけっこうギリギリまで見逃してくれてたんだな

204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 23:07:09.93 ID:1UldBz5w0
家康のおじいちゃんのおじいちゃんは家康が2歳の時まで生きてた



222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 23:15:06.69 ID:xMPboRcG0
>>204
松平長親だな。松平家は子供できるの早すぎだわ

214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 23:10:04.69 ID:3CeH94tF0
三井高利は呉服店越後屋を運営していたそれで

三井 三越の名がついた
越後



217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 23:12:58.53 ID:XNz8MciAO
そもそも大名行列って横切っても即死刑ってわけじゃなかったっぽいんだよね
子供がうっかり横切ってしまったけど、親が供侍からめちゃくちゃ怒られて罰金とられただけで済んだっていう幕末の証言もあるらしいし
生麦事件は色々特殊な例だったんだろな

218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 23:13:01.32 ID:jrS51TWU0
ルソーよりも先に社会主義を説いた日本人がいる
名前は忘れたけど確か本業は医者で死後に家族が見つけた日記だかに書いてあったらしい



221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 23:14:54.54 ID:jgq0DR8l0
>>218
東北のポルポトこと安藤昌益先生のことですねわかります

225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 23:17:25.51 ID:jrS51TWU0
>>221
そうそれ!鎖国解禁後にどっかの国の人が見てオーマイガーってなったらしいね

223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 23:16:34.66 ID:JHdxRUvM0
性病は鉄砲より早く日本に伝来していた
コロンブスが1493年に新大陸から性病を持ち帰ってから、1512年には性病は日本まで伝来していた



226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 23:17:36.04 ID:3CeH94tF0
第11代将軍徳川家斉は子づくり性治に励み水戸徳川家を除く
御三家・御三卿に家斉の弟や甥、もしくは実子を養子入りさせ一橋家による徳川掌握を図った

だが彼の死後一橋家の血は途絶え水戸徳川家から養子を迎えることになった
それがのちの15代将軍徳川慶喜である



236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 23:24:12.30 ID:GzU1lFP8O
日本人の御先祖様は、縄文時代最初期あたりで一度絶滅寸前まで減少している



242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 23:28:41.56 ID:sHniLFBv0
江戸時代の蕎麦はゆでない。蒸してた



252: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 23:37:26.33 ID:GzU1lFP8O
>>242
さらには現代のように麺の形をしておらず、中華料理の刀削麺のような見た目だったらしいね

徳川慶喜が居なかったら現代に存在しなかった企業を調べるとすごい事になるらしい

245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 23:30:38.56 ID:1UldBz5w0
長宗我部氏は明治時代になって再興している
元親の弟の子孫らしい



270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 23:42:16.89 ID:u3zLC/ODO
>>245
長曽我部の祖先は中国の皇帝だったとか聞いたことあるわ

279: 忍法帖【Lv=37,xxxPT】(1+0:15) 2013/07/18(木) 23:47:59.77 ID:erVHttyF0
>>270
秦氏の系列ってだけじゃないかな
秦氏ってのがよく分からん連中だから、まぁ色々言われるよね

263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 23:40:25.81 ID:aHyBnifs0
日本人の獣食について
漢方に、肝臓が悪い時は肝臓を、胃が悪い時は胃を食えとある
医食同源の漢方の教えに則り、日本で獣肉は薬用として扱われていた
そのため、獣肉を食べる行為は「薬食い」と呼ばれていた
ソースはどっかにあったけど忘れた



269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 23:41:43.75 ID:UJo+NKUvO
売春宿を日本で初めて作ったのは源頼朝



290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 23:52:32.93 ID:Af/Hj6un0
平安時代にマレーシアで死んだ皇族がいる



293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 23:54:26.74 ID:1UldBz5w0
>>290
高岳親王だな。僧として旅してたんだっけか

295: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 23:54:54.84 ID:nCqFgeEuO
>>290
難破でもしたのか?

306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 23:58:13.18 ID:1UldBz5w0
>>295
詳細はわからないけど、陸で死んだのは確か
トラに食われたとかいう話もある

307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 23:58:40.08 ID:KjWSvEef0
>>306
なんて本読めばええんや

316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 00:01:20.91 ID:qdULOzVw0
>>307
昔読んだ日本史雑学満載の文庫本に書いてあった。詳しくは覚えてないわ

298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 23:55:12.54 ID:CyPFkV0U0
ヤマタノオロチの神話わあながち嘘ではなさそう

299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 23:55:21.42 ID:Hq0+RAIB0
明治時代の神仏分離政策によって廃仏毀釈運動が起き仏教界(寺)は大ダメージを被ったが、
神道も神道で政府の意図する形に合わせられたため、神社もけっこうなダメージをくった



301: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 23:55:41.28 ID:mkfxiq02O
このスレで創作したようなの大量www

310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 00:00:02.61 ID:44VVJTUk0
東寺百合文書の全解読はあと何十年かかるんだろうか…

315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 00:01:15.44 ID:P06JxY0A0
>>310
なにそれ?

327: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 00:06:18.04 ID:P0+xdXSS0
>>315
凄まじいくらいに膨大な量の史料がある文書群
まだ全体の少ししか解読が進んでない

詳しくはググれ

312: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 00:00:16.36 ID:qt88pJs9P
浅野内匠頭と吉良上野介の刃傷騒動は喧嘩両成敗なんて決まりはなく単に切りつけた方だけが処分されるのが普通
朝廷の接待役だった浅野内匠頭が使者がやってきた当日だったかに事件を起こしたため綱吉激怒で即切腹にされただけという



321: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 00:03:41.02 ID:NLsimjBuO
徳川9代将軍家重はトイレが近かったために、陰で小便公方と呼ばれていた



326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 00:05:22.93 ID:upg/FvRG0
江戸時代、仇討ちは正当な権利として認められていたことは知られているが、
本当にやろうと思うと手続きとかがくそめんどくさかった



329: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 00:07:38.24 ID:5y9WrQ0/0
>>326
お家再興をかけた仇討ちの場合、本懐を遂げるまで地元に帰れなかった
って聞いたけどほんとなんだろかー

法で仇討ち禁止になったのは明治になってからというのもすごいな

331: 忍法帖【Lv=37,xxxPT】(1+0:15) 2013/07/19(金) 00:08:26.34 ID:gyKagF230
仇討ちに関して、
仇討ちから逃げた武士が大名家の詰所に駆け込んだときはかくまって
路銀渡して裏から逃げさせるのが通例だった
後から「ここに来ただろ」って追っ手が来ても「知らね(゚⊿゚)」



332: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 00:08:49.57 ID:+Nxmj2Wy0
戦国時代の農民はかなり強かった
本来の支配者の治安維持能力が失われてるから当然っちゃ当然なんだけど、農民は武装して自衛手段を有してた
なので税の取り立てに来た武士を脅したり、実力で追い返したり、村同士で水利権を巡って小競り合いを起こすこともしばしば
おまけにピリピリしてるもんだから盗人なんて自分たちで捕まえたら即処刑
これには支配者のほうが「ないわーあいつらマジ怖いわ頭おかしいんじゃない」と愚痴をこぼす程だった

336: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 00:10:47.08 ID:upg/FvRG0
>>332
そもそもその頃って農民=武士だし
武士と農民が分離されたのは刀狩以降、というか刀狩が両者の分離を目的としていた

350: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 00:16:49.25 ID:+Nxmj2Wy0
>>336
織田家の兵農分離と土佐の一領具足とかはよく聞くけど、
実際全国的に見ると農民の戦闘力ってどれくらいのもんだったんだろ?
最低限の自衛能力持ってるように見えて、でもあっさり乱捕りでめためたにされちゃったりしててよく分かんねえ・・・

337: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 00:11:39.24 ID:qdULOzVw0
>>332
家康もかなり一向一揆に苦労したからな

339: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 00:11:51.26 ID:P0+xdXSS0
>>332
戦国時代あたりの兵士は農民も多かったから収穫期になると戦争が一時停止してたとか聞いたことあるがちょっとほっこりした

しかも、当時の世界でも上位レベルの戦闘民族国家だったらしいな

349: 忍法帖【Lv=37,xxxPT】(1+0:15) 2013/07/19(金) 00:16:38.69 ID:gyKagF230
>>339
イエズス会が「この地域の占領無理ッス><」って書簡を本国に送ってる
10人に1人が普段から武装してそのへん歩いてるし
道端のガキが本読んでるし
農村のババアに教えを解いたら
「あんたらの神さんが万能ならあんたらこんなとこに来る必要ないんじゃないの?」って言い返されちゃったとか

335: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 00:10:18.40 ID:7f1KNsim0
法隆寺には当時の子供が残したいやらしいラクガキがいっぱいある

338: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 00:11:51.19 ID:d36Icw8b0
戦国時代、諏訪大社の「御柱祭」を邪魔して氏子にぶっ殺された大名がいる。



346: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 00:14:22.02 ID:5y9WrQ0/0
>>338
そりゃあ邪魔したほうが悪いわ…

340: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 00:12:02.99 ID:hm/G9Pp30
十二単は、単に寒いから厚着をしていただけ

347: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 00:14:40.55 ID:UkCt3HfLP
最上義光の四男は最上騒動を起こし改易を食らったあと水戸藩預かりとされ家老となり子孫もそこに定住することになるが
その四男の子供は水戸光圀の教育係になっている
ドラマ水戸黄門にもたまに出てくる国家老がその人



351: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 00:16:52.74 ID:7f1KNsim0
夏目漱石はら抜き言葉を使っていた

352: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19(金) 00:17:55.22 ID:5NIRGtL90
小野妹子は妹じゃない