1: 1/2@白夜φ ★ 2013/07/05 01:40:01
サーベルタイガー、アゴの力は弱かった
Christine Dell'Amore
for National Geographic News
July 4, 2013

古代の肉食獣の中でも、上あごから伸びる長い犬歯が特徴的なサーベルタイガー(剣歯虎=けんしこ)は特に有名だ。
3族に分類されるサーベルタイガーは、専門家のみならず多くの人々の興味を誘ってきた。
特に獲物の倒し方については、ことさら高い関心が集まるようだが最近、バイオメカニクスに基づく新たなコンピューターモデルを駆使した研究結果が発表された。

研究グループのメンバーであるアメリカ、オハイオ大学の古生物学者ローレンス・ウィットマー氏は、長い牙による獲物の捕獲方法や外敵への攻撃方法が、
生物進化の過程でどのように発達してきたのかを解明するきっかけになるのではと期待している。今回は最新の成果について解説してもらった。

◆サーベルタイガーにはいろいろな種類がいたようですが?

はい。スミロドンなどがよく知られていますが、そのほかにもさまざまな種が存在しました。
ティラコスミルス(Thylacosmilus atrox)と呼ぶ肉食獣も似ていますが、ネコ科のサーベルタイガーとは全く異なる種で、むしろ有袋類に近かったと考えられています。

◆サーベルのような牙を持った動物はいろいろいたんですね。生息年代は?

ティラコスミルスは、およそ700万年前に現在のアルゼンチン一帯に生息していました。
一方、ネコ科のスミロドンは、ティラコスミルスより500万年後に現在の北アメリカ一帯に進出します。

サーベルタイガーのような動物はもはや存在しませんが、生物進化の歴史の中で眺めるとこれはむしろ特殊な状況です。
捕獲や攻撃手段として長い牙を持つ動物はこれまで、哺乳類の進化史の中で繰り返し出現しました。
いわゆる“反復進化”と呼ぶ現象です。この先500万年後、1000万年後、あるいは1500万年後に再び出現する可能性は十分にあります。
>>2以降に続く)
_____________

▽記事引用元 National Geographic July 4, 2013配信記事
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20130704002&expand

サーベル状の牙が特徴的な古生物、スミロドン(Smiloson fatalis)の全身骨格。
アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルスのラ・ブレア・タールピット(天然アスファルトの池)で発見された化石から復元された。
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_images/69027_0_600x450.jpg

▽関連
PLOS ONE
Comparative Biomechanical Modeling of Metatherian and Placental Saber-Tooths: A Different Kind of Bite for an Extreme Pouched Predator
http://www.plosone.org/article/info:doi/10.1371/journal.pone.0066888

画像1
64: 名無しのひみつ 2013/07/05 22:33:23 ID:DnedNTPl
アゴ勇も弱かった、、、

2: 2/2@白夜φ ★ 2013/07/05 01:40:23
>>1の続き)
◆バイオメカニクスモデルを使った研究手法とは?

まず頭蓋骨の化石をCTスキャン撮影し、その情報をコンピューターに取り込んで骨格モデルを作成します。
次に橋や建物の構造シミュレーション用ソフトウェアなどで、骨格が応力や歪みに対しどのように応答するのかを解析します。
結果を画像に出力する際に応力の大きさによって色分けすれば、骨格の強弱がひと目で判別できるわけです。

◆解析の結果わかったことは?

スミロドンとティラコスミルスはどちらも、サーベル状の牙で獲物を仕留めるにも関わらず、あごの力はそれほど強くないことがわかりました。
われわれが注目したのは、頭を押し下げる役割を持つ首から頭部にかけての筋肉です。
分析の結果、獲物を捕らえる際にスミロドンやティラコスミルスは、体に噛みつくのではなく、首の筋肉を使って牙を突き立てたという結論に至りました。

また彼らは足がそれほど速くなく、待ち伏せして獲物に襲いかかっていたと考えられます。
前肢にも強力な筋肉を備えていたようですが、それはむしろ牙を突き刺す際、獲物の体を押さえつけるための武器となりました。

また体の構造から判断すると、ネコ科のスミロドンよりも有袋類の仲間であるティラコスミルスの方が、この捕獲方法に向いていたこともわかりました。

◆意外な事実とは?

スミロドンとティラコスミルスについて今回、両者の違いが明らかになろうとしています。
有袋類の仲間は生物進化のより早い段階で分岐しているため、原始的な動物と誤解されがちです。
しかし、獲物の捕獲方法などいくつかの点から見て、古いティラコスミルスの方がスミロドンよりも進化した動物だと言えます。

◆古生物の習性を探る目的は?

これまで地球上に出現したさまざまな生物の実態解明が使命であるわれわれ古生物学者にとって、それが本来行うべき研究活動であることは言うまでもありません。
ただ、より広い視点に立てば、過去に存在した生物のさまざまな特質と、生物進化との相互関係を理解する上で有効な手段だと言えます。

また工学的な技術を応用した今回の手法は、絶滅生物の研究手段としては画期的なものです。
過去の生物を知る手立てが新たに確立されたという点でも重要な成果です。

今回の研究結果は、米オンライン科学誌「PLOS ONE」に6月26日付けで掲載されている。

-*-*-*- 引用ここまで -*-*-*-

3: 名無しのひみつ 2013/07/05 01:44:24 ID:zfqbsRlD
嘘だーッ!        >>1
   ∧∧.∩      ∩_ ・∵’、
  (    )/ ⊂/"´ ノ )
 ⊂   ノ   /   /vV
  (   ノ    し'`∪
   (ノ

150: 名無しのひみつ 2013/07/09 10:53:47 ID:AK5O/GtU
>>1にもあるが
ネコ目スミロドンと有袋類のティラコスミルスという
全く別系統の巨大犬歯動物が同時期に出現しているのでそこだな

4: 名無しのひみつ 2013/07/05 01:50:26 ID:+yyft5tW
hideとkyo

5: 名無しのひみつ 2013/07/05 02:01:28 ID:cqLi/vnz
上顎のキバが邪魔で、ヘビみたいに下あご外して獲物を飲み込んでいた可能性は?

6: 名無しのひみつ 2013/07/05 02:08:36 ID:ofNQhtbk
さだまさしに似ている

7: 名無しのひみつ 2013/07/05 02:11:39 ID:Lq5f9qWJ
血吸ってたんじゃねーの

8: 名無しのひみつ 2013/07/05 02:12:20 ID:XYX2swU/
>前肢にも強力な筋肉を備えていたようですが、それはむしろ牙を突き刺す際、獲物の体を押さえつけるための武器となりました。

押さえつけるというよりも、前肢と首で獲物を抱え込んでたんじゃないかなあ
上から押さえつけるばっかりじゃ牙を刺そうにも体が浮いて綺麗に刺せないのでは

普通の動物の下あごってそういう役目だろ
下あごが役に立たないのなら、その代わりをする別のものがいるだろ
それが前肢だったんじゃないの?

11: 名無しのひみつ 2013/07/05 02:38:52 ID:JJBRCnYS
>>8
相手でかすぎて、噛んでも有効打にならないから
突き刺す方向になったと

でも牙は食事には使えないから獲物食ってるところとか滑稽なおかん
飛び出した前歯でチビチビ齧るのみ・・・

10: 名無しのひみつ 2013/07/05 02:31:05 ID:ZOHb36XR
鍬タイガー

12: 名無しのひみつ 2013/07/05 03:35:08 ID:0SGZknp6
サーベルタイガーはスミロドンとティラコスミルスのように遠い系統でも
収斂進化で現れてるので、これから再び進化で現れるかもしれない。
大型齧歯類とかが進化しそう。

13: 名無しのひみつ 2013/07/05 04:05:22 ID:mxUFRBQK
胃酸が強かったのかね?

14: 名無しのひみつ 2013/07/05 04:08:17 ID:ZgQQYFTG
ティラコスミルスの下顎に垂れてる骨って1本?それとも2本ある?

15: 名無しのひみつ 2013/07/05 04:11:27 ID:ZCCD/IYQ
見た限り攻撃に有効とは思えないしなぁ
普通に狼とかの方が圧倒的に早く噛みつけるし
噛み付いてぶんぶん振り回すなら犬歯で十分

ただ、あそこまで大きくなるまで進化したってのはほんと面白いな

17: 名無しのひみつ 2013/07/05 04:55:19 ID:smiknUd1
  r 素人◆GD..x272ヽ
  (   _ ノノノノノノヾ )
  | ノ    \   / 、
  (6     "" r._.ュ'"ヽ
  |    ∵) ∠二ゝ( | ブッブッヒ ブッヒ ブッヒ マタレスノツカナイコセイブツスレカ!
  人       `ー '  |
/  \.        ノ
     \_`ー一'/ \

18: 名無しのひみつ 2013/07/05 05:19:09 ID:aDGSGJra
サーベルタイガーは巨体過ぎて狩りに不向き。
顎も弱かったとすると死肉喰いか
ちなみに手が未発達で体全体のバランスが悪いTレックスも同じというのが有力

53: 名無しのひみつ 2013/07/05 15:38:46 ID:8OtT0CNm
>>18
ティラノは顎の力強いだろ
どっちやねん

19: 名無しのひみつ 2013/07/05 05:22:30 ID:BzuzKI8Z
でも噛まれたら、お痛いのでしょ?

20: 名無しのひみつ 2013/07/05 06:22:02 ID:N+GfCMPo
あの牙の向きで刺さるの?
顎が120度は開かないと難しそう

90: 名無しのひみつ 2013/07/06 12:10:00 ID:1WCdRfTP
>>77
牙を突き刺したんじゃなくて、突進による骨折が死因じゃね?
さすがのホッキョクグマでも、自動車が突っ込んできたら命がない。

>>89
先端が自分の方に湾曲してるってのが厳しいよな。
普通に噛み付くよりリーチが短いとか罰ゲームにしかなってない。

相手に突進して牙側面をぶつけるのが目的か、セックスシンボル
と考えるのが妥当だろう。

100: 名無しのひみつ 2013/07/06 13:03:32 ID:fkb7ZDk0
大体ポピュラーな動物だったようだから、
噛み付いた化石が見つかってほしい
とにかくこの牙と下顎の間に入るサイズのモノにしか噛み付けないのは確実→>>89
牙が刺さり初めるの直角よりやや浅い角度としても、あまり大きいモノには噛み付けない
ウンピョウは大きな犬歯で知られているが、このサイズなら十分噛み付ける
http://blogs.neko.jp/nekorin/wp-content/uploads/2011/02/201102121347361.jpg

21: 名無しのひみつ 2013/07/05 06:34:00 ID:FMrem+RB
メスへのアピール用だろうね牙は

25: 名無しのひみつ 2013/07/05 07:48:44 ID:9GEACtbW
ザ・見かけ倒し

26: 名無しのひみつ 2013/07/05 07:49:44 ID:tVcpd7xu
前にも言ったけど
やっぱあれは刺す為の牙じゃないんだろうね。
http://blog-imgs-32.fc2.com/m/h/f/mhf100/mhf_20090216_043550_250.jpg
あれを刺す為って解釈は、ファンタジーの大剣みたいに
「大きいほど剣は切れ味がいいはず」って理論と同じ。
実際は切るにも刺すにも(刃やトゲが)大きくなる程しづらくなる。

http://shogai-kando.com/ism6ikkaku/img/highlight01.jpg
イッカクもゾウも長い牙をもつけど、
普通あれで他の動物を刺したりはしない。
刺したら抜けなくなるしね。
http://kntr.kaone.net/img/data/20091203.gif
http://blog-imgs-56.fc2.com/a/r/t/artistyamakyo/201206261126168fa.jpg
刀剣に比べて、槍も変な形してる場合多いけど
これも刺さりきらない様にストッパーを兼ねてるんだろう
いざという時、深く刺して抜けなくなったら命取りになる。

思うに、サーベルタイガーの牙は鈍器だと思う。
刺すんでなく叩く道具。
頭蓋骨を叩いて一瞬で失神させられるとか、
あるいは堅い甲羅を割る事ができるアイテム。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kou-ka/b/kyouryu/sumirodon.jpg
http://i53.photobucket.com/albums/g62/TigerQuoll/dinosaur/660px-Thylacosmilus_Atrox.jpg
http://thealchemyworks.com/images/Thylacosmilus.jpg?osCsid=94cqn1bkulhggqkd29f6r9dqj4
後ろ足も長くないし比較的、鈍足だったろう。
他の捕食者が諦める防御力の高い獲物を
強引に食う戦略で、ニッチを確保してたんじゃないかと思う。

45: 名無しのひみつ 2013/07/05 12:30:30 ID:YbimmLKo
>>26
>思うに、サーベルタイガーの牙は鈍器だと思う。
>刺すんでなく叩く道具。
なるほど面白いですね
失敗して鼻をぶつけたら涙が出そうw

イノシシみたいに穴を掘っていた形跡とかは無いんですかね?ウサギやキツネの巣穴を崩すとか

51: 名無しのひみつ 2013/07/05 14:17:42 ID:cqLi/vnz
>>26
ぶっちゃけ、サーベルタイガーって陸に上がったセイウチだろ。

96: 名無しのひみつ 2013/07/06 12:22:06 ID:MqueW/Re
>>26
俺はただの飾りだと思ってるかなあ

繁殖期に自慢するための角みたいなもん

27: 名無しのひみつ 2013/07/05 07:49:53 ID:gdJwQ535
これ前から言われてたよな
牙を突き刺して殺すから噛む力は必要ないって

28: 名無しのひみつ 2013/07/05 07:50:01 ID:KTJANVS/
牙を突き立てろ

40: 名無しのひみつ 2013/07/05 11:49:29 ID:qRavRDHS
>>29
ほかの四足獸みたいに腹ばいとかなれないから
ちょっと休憩とか寝るときに大変だよね

47: 名無しのひみつ 2013/07/05 13:23:45 ID:3ZCmSmfe
>>40
> ちょっと休憩とか寝るときに大変だよね

いやいや、あの牙は樹の幹の分かれてるところや枝からぶら下がって
敵に襲われる心配なしに昼寝するためのものなんだよ。

30: 名無しのひみつ 2013/07/05 08:16:35 ID:IbhKAXfr
サーベルタイガーってカエサルのガリア戦記に記述あるんだろ
2000年ちょっと前まで生きてたんだよ

32: 名無しのひみつ 2013/07/05 08:49:57 ID:033sZwdJ
セイウチ的な牙の使い方でいいのかな?

33: 名無しのひみつ 2013/07/05 09:01:14 ID:9gLvzujT
牙が大きくなったのは「狩りをするため」じゃなくて「メスに好まれたから」ですよね?

34: 名無しのひみつ 2013/07/05 09:06:23 ID:bv5NJjFx
南北米大陸のスミロドンとか、その前の旧大陸のマカイドトゥスとか、

数百万年も繁栄していたんだから、あの形状はそれなりに使えるものだったんだろうな


つい最近まで、ユーラシア大陸・南北米大陸の広範囲にゾウがいたことも考慮した方がいいんだろう

35: 名無しのひみつ 2013/07/05 09:15:54 ID:NE5N6BRP
巨根なのに早漏…みたいな?

36: 名無しのひみつ 2013/07/05 09:54:07 ID:pLdy8+0g
>>35


… … …

41: 名無しのひみつ 2013/07/05 12:13:16 ID:zy43N9co
進化ってのは基本的に自己の弱い部分を補うために行われるからな.
いつか釘植→多生歯のみならず水棲型人間とか現れてもおかしくない.

46: 名無しのひみつ 2013/07/05 13:12:43 ID:3ZCmSmfe
>>41

その理論でいくと、モテないキモオタが進化すると、媚薬を分泌する触手が生えてくるはずだな。

75: 名無しのひみつ 2013/07/06 00:53:13 ID:RduTmA1Z
>>46
モテないんだから進化出来ないだろ...

44: 名無しのひみつ 2013/07/05 12:28:30 ID:bsfSpk4G
雑魚キャラのモヒカン頭みたいなもんか。

52: 名無しのひみつ 2013/07/05 14:50:58 ID:0xbi7cgK

54: 名無しのひみつ 2013/07/05 15:42:57 ID:rk24AfBE
事実はさておき、顎の力弱いと死肉食いとかむしろ逆だから
硬い骨もかみ砕けるようになることも多いから

56: 名無しのひみつ 2013/07/05 17:14:36 ID:cqLi/vnz
噛力ランキング

不動のダントツ1位 ワニ
2位 ジャッカル(大型のハイエナ類)
3位 中型のハイエナ類

犬科怖えぇ ぬこカワユス

57: 名無しのひみつ 2013/07/05 17:43:18 ID:yY6cErrd
>>56
ジャッカルはハイエナ科じゃないよ。

スカベンジャーだとあの犬歯は邪魔でしかない。
前から言われている通り、獲物を待ち伏せして首筋に一撃する為だろう。

67: 名無しのひみつ 2013/07/05 23:18:23 ID:N7aX7PF5
>>56がアホすぎて・・・

58: 名無しのひみつ 2013/07/05 17:44:20 ID:wyLg97fJ
牙を岩みたいな硬いとこにぶつけて脳震盪を起こしたところを
食われて絶滅したんだと思ってる

62: 名無しのひみつ 2013/07/05 21:16:50 ID:c+/3PM0i
>>58
どんどん伸びた牙がしなり、心臓に突き刺さって絶滅したと
稲中の前野さんが言ってた

63: 名無しのひみつ 2013/07/05 22:20:22 ID:5/zxtGBZ
セイウチの生態から推測しろ

66: 名無しのひみつ 2013/07/05 23:01:49 ID:77vlBxqR
>>63
あの牙は流氷に上陸するために使ったのか

68: 名無しのひみつ 2013/07/05 23:37:35 ID:qQLYMCPr
進化して牙が大きくなったんじゃなくて
必要ないのに牙が大きくなっていっちゃった系じゃないのかな

84: 名無しのひみつ 2013/07/06 10:44:34 ID:ifjFSSsW
これはあまり足の速くない自分より5~10倍程度の体重の獲物を倒すのに向いているのかなあ?

サーベルタイガーは体重250kgくらいだっけ

サーベルタイガーでも、マンモスやマストドンの2t未満の個体くらいまでしか
常食には出来なかっただろう、なんて言われているね
3tオーバーだと無理だとさ

あるいはオーロックス(ヨーロッパにおけるウシの原種)を襲っていたという
これも1tくらいあった
ウシなんて今のライオンやトラでも獲物に出来るだろと思うだろうが、常食に出来るか?というと
若い個体のライオンやトラは大型ウシを狙って逆襲され深手を負う事も多く、常食には出来ない

85: 名無しのひみつ 2013/07/06 10:45:13 ID:Evv8YIjV
イッカクとかいう実用性ゼロの牙があるやつもいるんだし
スミロドンの牙くらいどうってことないべ

87: 名無しのひみつ 2013/07/06 11:23:03 ID:OdgUEo6y
顎最強は猪木説

151: 名無しのひみつ 2013/07/09 11:00:30 ID:JsNqUmyG
ティラコスは同時期とは言えないような。敵のいない南米で長生きして
地続きになったら後から出てきた新参者にあっさり滅ぼされた感

まあ、この2種だけなら偶然ということもできたかもしれんが、さらにマカイロというスミロドンの
先輩格がいたからね。特定の条件下であれば、この手の生物が有利に働く要素があったんだろうな